ファンが選ぶ!好きな実況&解説者ランキング

記事

スポーツナビでファン投票を実施した「好きな実況&解説者ランキング」企画。ファンの方に好きな実況&解説者をそれぞれ最大3人まで選んで投票してもらいました。

今回はサッカー解説者編。はたして1位に輝いた解説者は!?

サッカー解説者

順位 名前(現役時代の所属クラブなど) 主な出演メディア 得票率
1 戸田 和幸(元清水など) TBS、DAZN、スカパー!、J SPORTS 17.00%
2 松木 安太郎(元東京V監督など) テレビ朝日 8.47%
3 水沼 貴史(元横浜M) DAZN、スカパー!、J SPORTS 6.85%
4 岡田 武史(元日本代表監督など) NHK、WOWOW、スカパー! 5.72%
5 ベン・メイブリー DAZN、スカパー!、J SPORTS 5.30%
6 風間 八宏(元広島) フジテレビ 4.51%
7 粕谷 秀樹 DAZN、スカパー!、J SPORTS 4.11%
8 福西 崇史(元磐田など) NHK 4.06%
9 中山 雅史(元磐田など) テレビ朝日 3.69%
10 福田 正博(元浦和) TBS、DAZN、スカパー! 3.21%
11 川勝 良一(元東京V監督など) DAZN、スカパー!、J SPORTS 3.07%
12 名波 浩(元磐田など) テレビ朝日、DAZN、スカパー! 2.98%
13 宮澤ミシェル(元市原) NHK、WOWOW 2.82%
14 山本 昌邦(元磐田監督) NHK 2.74%
15 セルジオ越後 テレビ朝日 2.56%
16 岩政 大樹(元鹿島など) DAZN、スカパー! 2.51%
17 早野 宏史(元横浜FM監督など) NHK 2.20%
18 小島 伸幸(元湘南など) NHK 1.87%
19 北澤 豪(元東京V) 日本テレビ、WOWOW 1.84%
20 金田 喜稔(元日産) TBS 1.66%

スポーツナビアプリ 無料ダウンロード

iOS
Apple Storeからダウンロード
QRコード
Android
GooglePlayで手に入れよう
QRコード
対応OS
iOS 11.0以上
Android 5.0以上
  • アプリケーションはiPhoneとiPod touch、またはAndroidでご利用いただけます。
  • Apple、Appleのロゴ、App Store、iPodのロゴ、iTunesは、米国および他国のApple Inc.の登録商標です。
  • iPhone、iPod touchはApple Inc.の商標です。
  • iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Android、Androidロゴ、Google Play、Google Playロゴは、Google Inc.の商標または登録商標です。

解説

感想ではなく、解説にこだわる戸田和幸氏。「SHIN-KAISETSU」と銘打ち、より深く掘り下げた解説をオンラインで配信してもいる(写真:Sorriso)

 圧倒的な支持を得て1位に輝いたのは、2014年に解説者に転身してからというもの、一気に頭角を現してきた戸田和幸氏だ。そのスタイルはこれまでの解説とは一線を画すもの。事前に念入り分析し、ピッチ上で起きている現象を的確に言語化する――。現役時代のファイト溢れるプレースタイルとは異なる戸田氏の知的な解説は、「なぜ、そのプレーが生まれたかを教えてくれる」「細かい分析を、情報過多にならず的確に教えてくれる」「両チームの戦い方、狙いを無駄なく伝え、選手のメンタル、判断まで言及してくれる」といったように、多くのサッカーファンからの評価を得ている。

 2位には、松木安太郎氏が輝いた。「聞いていて面白く、名セリフやネタも多い」「見ていて盛り上がる」「松木さんの解説がないと寂しい」といった松木氏のスタイルは、戸田氏とは真逆。コアなファンより、一般ファン向けの解説で、“居酒屋応援スタイル”というひとつのジャンルを確立したと言っていい。

戦術についても、選手についても語れる水沼貴史氏は、解説者のオールラウンダーといえる。「息子の溺愛ぶりが面白い」というコメントも(写真:YOJI-GEN)

 3位の水沼貴史氏、10位の福田正博氏に共通するのは、「両チームに対してフェア」「コメントが分かりやすい」「選手の特徴やスタイルの説明がうまい」といったコメントが多いこと。非常にスタンダードで、万人に向けた解説だということが伝わってくる。

 4位の岡田武史氏は、日本代表監督を2度も務めただけに「解説でもさすがの戦術眼、予知能力がスバ抜けている」、川崎フロンターレの選手の技術をトップレベルへと引き上げた6位の風間八宏氏には「解説が的確で、プレーの意図がよく分かる」、現役時代にテクニシャンとして鳴らした川勝良一氏には「川勝さんの技術論が好き」といった声が寄せられた。

 16位の岩政大樹氏(38歳)は、戸田氏(42歳)と並び、新世代の解説陣のひとりだ。自らコラムや書籍を執筆していることでも知られるが、解説においても「戦術を折り込んだ解説がうまい」「他の方のように視点が一辺倒ではなく、独自の分析で好感が持てる」と、分析力と言語化の能力が評価されているようだ。

 8位の福西崇史、13位の宮澤ミシェル、14位の山本昌邦、17位の早野宏史、18位の小島伸幸と、NHKの解説者陣が数多くランクインしたのも興味深い。福西氏が「落ち着いているけど、時々、毒があるところも好き」、宮澤氏が「エネルギッシュで、聞いていて心地が良い」、山本氏が「聞きやすく、耳になじみやすい」、小島氏が「GK目線で面白い」と評価されるなか、早野氏は「ギャグが面白い」というコメントが目立った。

 元選手が20人中18人を占めるなかで健闘が光ったのが5位のベン・メイブリー氏と7位の粕谷秀樹氏だ。前者はスポーツライター、後者はサッカー専門誌の編集者の出身で、いずれもプレミアリーグ解説のスペシャリストとして知られている。メイブリー氏には「現地情報をたくさん提供してくれる」「発音がいい!」、粕谷氏には「プレミアリーグの知識が豊富」「皮肉がいい」「自分と同じユナイテッドファンだから」といった声が集まっている。

関連リンク