IDでもっと便利に新規取得

ログイン

怯まず前へ
東洋大に受け継がれる「鉄紺の絆」
企業で大切にされる人材に

第9回

学生3大駅伝で実際に使用した鉄紺のたすき(左が箱根駅伝、右は全日本大学駅伝で使われたもの)
学生3大駅伝で実際に使用した鉄紺のたすき(左が箱根駅伝、右は全日本大学駅伝で使われたもの)【写真:松本健太郎】

 近年では、「卒業後に実業団で競技を続けたいから東洋大を選んだ」、「東洋大の攻めの走りが好きだ」など、明確なビジョンを掲げて入ってくる選手が増えました。多くのOBが実業団で頑張っているおかげだと思いますし、うれしい限りです。

 就職先を決める際には、関東に残るのか、地方出身の選手なら地元に帰るのか。第一にその選択から始まります。


 地方出身者の場合は、たいていが地元の実業団を希望しますし、実業団側も地元出身の選手に声を掛けることが多くなります。競技を引退したあと、そのまま社業に専念しようと思えば、どうしても地元に戻る傾向にあります。


 大学卒業後は走るだけでなく、しっかり学ぶこと、学ぼうとする意欲を持つことが求められます。


 競技をやっている間に、同期入社の社員はどんどん仕事を覚えていきますし、先に出世していきます。競技を引退した後、年下の社員に仕事を教えてもらうことになるかもしれないし、一から仕事を覚えなくてはならないかもしれない。そういう覚悟を持ったうえで、競技に取り組んでいかなくてはなりません。


 私としては、どの実業団チームに進んでも長く競技を続けてほしいと願っています。

 実業団は大学のように一から十まで教える場ではないので、自分自身で責任を持って、トレーニング内容を吟味して、自己管理をします。それらができる人材、実業団で活躍できる選手を輩出することは、今の東洋大の指導理念の1つになっています。


 大学時代に基本を徹底し、心と体の基礎基盤を固めること。これができないと、社業も競技もうまくいきません。


 OBのなかには、実業団に進んだのち、国際舞台に立った選手、トップレベルで活躍中の選手が多くいます。


 私が大学4年時の1年生だった石川末廣は、2016年リオ五輪のマラソンに出場しました。


 大会当時36歳で、五輪のマラソン日本代表としては史上最年長でした。39歳になるまで現役を続けた後、2019年3月に引退し、現在はHondaのコーチを務めています。


 学生時代はやんちゃ坊主でしたが、実業団に入ってからは自己管理に人一倍気を配っていました。学生のときからケガが多かった選手で、マラソンを走れるようになるまで時間がかかりましたが、実業団に大事に育てていただきました。何より人望が厚い人柄だからこそ、じっと待ってくれたのでしょう。


 同じくリオ五輪のマラソンには北島寿典(安川電機)も出場したので、マラソンの日本代表3人のうち、2人を東洋大OBが占めました。

リオ五輪のマラソン代表には、OBの石川末廣(写真右)、北島寿典(写真中央)が選出された
リオ五輪のマラソン代表には、OBの石川末廣(写真右)、北島寿典(写真中央)が選出された【写真は共同】

 2009年の箱根駅伝初優勝時にキャプテンを務めていた大西一輝(カネボウ)は、2018年の日本選手権10000mで2位に入りました。その同期の山本浩之は2019年のMGCにも出場しました。


 大西は4年生のときの箱根駅伝で、当日の早朝に後輩との交代を言い渡され、初優勝のメンバーになれなかった経験があります。山本は高校時代にサッカー部だった異色の経歴の持ち主で、無名から大きく成長し、最後の箱根駅伝では疲労骨折を抱えながらもエース区間の2区を走りました。真面目な努力家で、実業団に入ってからも大きなケガを幾度も乗り越えています。私の古巣のコニカミノルタに所属していますが、社業もしっかり行っていると聞きます。卒業生の模範です。


 30歳を過ぎても現役を続けている選手が多いのが東洋大OBの特徴ですが、それは企業側との信頼関係の証でもあります。

酒井俊幸

1976年福島県生まれ。学校法人石川高等学校卒業後、東洋大学に入学。大学時代には、1年時から箱根駅伝に3回出場。大学卒業後、コニカ(現・コニカミノルタ)に入社。全日本実業団駅伝3連覇のメンバーとして貢献。選手引退後は、母校である学校法人石川高等学校で教鞭をとりながら、同校の陸上部顧問を務めた。2009年より東洋大学陸上競技部長距離部門の監督(現職)に就任。就任1年目でチームを優勝に導くという快挙を達成、箱根駅伝では、優勝3回、準優勝5回、3位2回という成績を達成。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント