IDでもっと便利に新規取得

ログイン

アマNo.1捕手の呼び声高い東海大・海野
新たな「キャノン」がプロの扉を叩く

アプリ限定

「甲斐キャノン」と比べられるほどの素早くて正確な二塁送球が持ち味の海野隆司。来年はどの球団で彼のプレーが見られるのか?
「甲斐キャノン」と比べられるほどの素早くて正確な二塁送球が持ち味の海野隆司。来年はどの球団で彼のプレーが見られるのか?【撮影:スリーライト】

 今年、アマチュア球界ナンバーワンキャッチャーと言われるのが、海野隆司(東海大)。魅力は、なんといっても素早く正確な二塁送球。そのタイムは1.8秒を切り、“甲斐キャノン”こと甲斐拓也(福岡ソフトバンク)とも双璧に挙げられるほどだ。キャッチング、リード、打撃にも長け、東海大の主力として首都大学野球リーグ3季連続優勝に貢献。大学日本代表にも2年連続選出され、今年は正捕手として日米大学野球優勝にも導いた。そんな海野に、キャッチャーとしてのこだわりやプロへ向けての気持ちを聞いた。

いま求めているのは強肩よりも正確性

捕手として、強肩だけでなく、バッティングやリードにも定評がある海野
捕手として、強肩だけでなく、バッティングやリードにも定評がある海野【Getty Images】

――日本球界屈指の強肩キャッチャー、甲斐捕手と比較され、“甲斐2世”とも“東海キャノン”とも言われるほどのスローイング力を持っています。海野選手自身、甲斐捕手を意識されることはありますか?


 テレビでは甲斐さんの送球を見たことがありますが、実際に見たことがないので、甲斐さんがどのぐらいすごくて、自分が甲斐さんと比べてどうなのかとか、実際分からないです。でも、そう言っていただけたり、評価していただけるのはありがたいなと思っています。


――そんな海野選手がキャッチャーになったのはいつからですか? 自らキャッチャーになったのでしょうか?


 小学校のときからです。ソフトボールをやっていたのですが、自分の中で、キャッチャーをやるってことは頭にない中、チーム事情でなってしまって……(笑)。最初にマスクを被ったときは、ただただボールを受ける左手が痛い。そして、ファウルチップが怖い。そのころは、キャッチャーとしての面白さも感じられなかったですね。


――そこからだんだんキャッチャーとしての力を発揮していくことになりますが、自分の肩の良さに気づいたのはいつですか?

瀬川ふみ子

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント