IDでもっと便利に新規取得

ログイン

野球人生の転機になった指名漏れから4年
東洋大・佐藤都志也の“MAJOR”な夢

アプリ限定

4年前の指名漏れという悔しさを乗り越え、再びドラフト候補と呼ばれるまでに成長した東洋大・佐藤。大学での4年間は努力と勉強の日々だったと振り返る
4年前の指名漏れという悔しさを乗り越え、再びドラフト候補と呼ばれるまでに成長した東洋大・佐藤。大学での4年間は努力と勉強の日々だったと振り返る【撮影:スリーライト】

 50メートル6秒ジャストの脚力。二塁送球1.8秒台の強肩。さらには「戦国東都」で首位打者を獲得するバッティング。持ち前の身体能力と努力でキャッチャーのみならず、外野をもこなす佐藤都志也(東洋大)。大学日本代表にも2年連続で選出されるなど、今や東都大学野球リーグを代表する選手として注目を集めるが、ここまでは平坦な道のりではなかった。4年前、ドラフト指名漏れという苦い経験をして以来、挑戦し続けてきた大学での4年間について、そして、プロへの思いを聞いた。

研究して、考えて、練習してつかんだ首位打者

東洋大進学当初は木製バットに適応できなかったという佐藤。持ち前の技術力と勝負強さは日々の研究と練習の賜物だと話す
東洋大進学当初は木製バットに適応できなかったという佐藤。持ち前の技術力と勝負強さは日々の研究と練習の賜物だと話す【撮影:スリーライト】

――聖光学院3年時にドラフト候補になり、プロ志望届を提出しながら、指名漏れ……という悔しい経験。そのときのことから教えてください。


 苦い思い出ですね(笑)。あのときは、「絶対プロに行きたい!」と思う中、複数球団から調査書が来ていて……調査書が来れば指名があるものなのかと舞い上がっていました。福島県内でプロ志望届を出したのは自分だけということで、ドラフト当日、メディアの方もたくさん来てくださっている中、指名を待っていたのですが、名前は呼ばれず……きつかったです。後から考えると、福島では注目されていたかもしれませんが、全国を見渡せばすごい選手はいっぱいいる。自分は全然だったんだな……何も分かっていない“井の中の蛙”な高校生だったな……と。でも、あれが自分の人生のターニングポイントだったかもしれません。


――そこから東洋大学へ進学しました。


 ドラフトが終わってすぐ、(聖光学院の斎藤智也)監督に呼ばれて「もう一回挑戦するか」と。「挑戦したいです!」と答えると、「東洋大学が声を掛けてくれているから、東洋大学に行け。レベルの高いところで揉まれて、4年後にもう一回プロに挑戦しろ」と言われ、大学進学は考えていなかったのですが、やってみようと思いました。


――福島から埼玉(東洋大学川越キャンパス)へ。大学生活はいかがでしたか?


 寮生活は高校でも経験していたので大丈夫だったのですが、先輩も、同期も、全国の名だたる強豪高校から来た、すごい選手ばかりで、最初は圧倒されました。それに、木製バットでポンポン打つ先輩たちに対し、自分は全然打てない。プロどころか、この中でレギュラーになるなんて無理だ……と。それでも必死に練習して、ついていったらベンチに入ることができて、1年秋のリーグ戦終盤には試合に出してもらえるようになりました。


――2年春にはスタメンをつかみ、東都大学野球で.483の高打率で首位打者も獲得。ベストナインにもなりました。どのように成長していったのでしょうか?

瀬川ふみ子

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント