IDでもっと便利に新規取得

ログイン

三振が奪える速球派のサイド・津森宥紀
“プロ養成所”東北福祉大で進化

アプリ限定

高校卒業時に故郷・和歌山からはるばる仙台へ。津森宥紀は東北福祉大で鍛え上げた技術、体力、メンタルをアピールしてドラフト上位指名を待つ
高校卒業時に故郷・和歌山からはるばる仙台へ。津森宥紀は東北福祉大で鍛え上げた技術、体力、メンタルをアピールしてドラフト上位指名を待つ【撮影:スリーライト】

 昨年、東北福祉大を14年ぶりの日本一に導いたサイド右腕、津森宥紀。ホップして浮き上がるようなストレートはMax149キロ。その直球とキレの良い変化球を武器に、三振を取れるピッチャーとしてドラフト上位候補に名前が挙がる。今春は最終学年の重圧などから調子を少し落としたが、学生ラストシーズンとなる秋のリーグ戦では再び快調なピッチングを続けている。「先発・中継ぎ・抑えのどこでも投げられる」とアピールする津森に、ドラフト会議を待つ心境、プロに向けての意気込みを聞いた。

「思い切り腕を振る」投球が持ち味

2018年の大学選手権で18回3分の2を投げ、自責点なしと快投を演じた津森
2018年の大学選手権で18回3分の2を投げ、自責点なしと快投を演じた津森【写真は共同】

――いよいよ近づいてきたプロの世界。ドラフト会議を目前に控えた今の心境を聞かせてください。


 和歌山(和歌山東高)から東北福祉大学に来て、高校では経験できなかったことをいっぱい経験させていただき、レベルの高い人たちと対戦もできて、引き出しも増え、本当にいい4年間を過ごせました。自分の自信と経験を持ってドラフト会議に臨めるのは楽しみです。不安ももちろんありますが、できれば良い評価をしていただいてプロの世界に進みたいです。そのためにも、大学最後のリーグ戦でしっかり結果を残さなければならないと思っています。


――和歌山からどういった経緯で幾多の名選手をプロに輩出している東北福祉大へ?


 ここの前監督で、現・総監督の山路(哲生)さんが和歌山出身ということで声を掛けてくださいました。正直、東北福祉大がどんな大学かも知らなかったのですが、来てみたら“プロ養成所”と言われるぐらいプロ野球選手をたくさん輩出している大学でビックリ。そんなスゴイところなら、自分も上(プロ)を目指して頑張れると思いました。


――津森投手は和歌山東高時代にすでにサイドで147キロの直球を放り、「和歌山ナンバーワン投手」と言われていました。

瀬川ふみ子

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント