“ユルネバ”に込められたそれぞれの想い
FC東京の凱歌となった今季を特別なものに

アプリ限定

FC東京のファン・サポーターが試合前に“ユルネバ”を大合唱する様子は、味の素スタジアムの風物詩となっている
FC東京のファン・サポーターが試合前に“ユルネバ”を大合唱する様子は、味の素スタジアムの風物詩となっている【新井賢一】

 いつから歌い始めたのかも定かではなく、毎試合必ず歌っていたわけでもない。だが、いつの頃からか特別な曲となった“ユルネバ”は今年、さらに特別な意味を持つサポーターソングとなった。FC東京のすべてのファン・サポーター、選手、クラブ関係者に捧げる“ユルネバ”をめぐる物語――。

サン・シーロに掲げられた“ユルネバ”の弾幕

 FC東京のファン・サポーターが試合前に“ユルネバ”を歌うようになったのは、いつからか。


 それは今から20年以上も前、FC東京の前身である東京ガスサッカー部時代のことだから、当時の関係者にもすべてを正確に記憶している者はいない。


 だが、ひとつのきっかけが、ある出来事だったことは間違いない。


 1989年4月15日にイングランドで起きたヒルズボロの悲劇――。


 シェフィールドのヒルズボロ・スタジアムで行われたFAカップ準決勝、リバプール対ノッティンガム・フォレスト戦において発生した群衆事故である。


 入場ゲートの混雑を緩和するために、出口専用ゲートが開放されたが、警備員が新たに流入する観客を適切に誘導せず、多くの人が近くの立ち見席に殺到。その結果、スタンド内がすし詰めとなり、96人もの死者を出したのだった。


 その4日後の4月19日、ミラノのスタディオ・ジュゼッペ・メアッツァ(通称サン・シーロ)で行われたチャンピオンズカップ準決勝のミラン対レアル・マドリー戦で、犠牲者のために黙とうが捧げられた。そして、ミランサポーターがリバプールのサポーターソングである「ユール・ネバー・ウォーク・アローン(You'll Never Walk Alone)」を大合唱し、スタンドが拍手に包まれたのだ。


 東京サポーターの中心的な存在である植田朝日は、そうしたミランサポーターの振る舞いを、イングランドで知った。


「当時、俺はロンドンに留学していて、テレビのニュースで知ったんだよ。サン・シーロのスタンドには『You'll Never Walk Alone』と書かれた大きな弾幕も掲げられていてね」


 それから6年後の95年6月、アンブロカップに出場する“加茂ジャパン”を応援するために渡英した植田は、ヒルズボロまで足を運び、世界中のサポーターがマフラーを捧げている慰霊碑に「ウルトラス・ニッポン」のマフラーを手向けた。

飯尾篤史
飯尾篤史

東京都生まれ。明治大学を卒業後、編集プロダクションを経て、日本スポーツ企画出版社に入社し、「週刊サッカーダイジェスト」編集部に配属。2012年からフリーランスに転身し、国内外のサッカーシーンを取材する。著書に『黄金の1年 一流Jリーガー19人が明かす分岐点』(ソル・メディア)、『残心 Jリーガー中村憲剛の挑戦と挫折の1700日』(講談社)、構成として岡崎慎司『未到 奇跡の一年』(KKベストセラーズ)などがある。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント