“最強世代の次の代”…苦しみを越えて
西谷浩一監督が語る、令和最初の大阪桐蔭

アプリ限定

「チームの作り方は代によって違う」と話す西谷監督は、今年のチームをどう作り上げているのか?
「チームの作り方は代によって違う」と話す西谷監督は、今年のチームをどう作り上げているのか?【スリーライト】

 昨年、史上2度目の春夏連覇という偉業を成し遂げた大阪桐蔭。率いるのは高校野球界屈指の名将・西谷浩一監督(49歳)だ。中学時代のスター選手たちも、西谷監督の手にかかると、長く伸びていた鼻がへし折られ、目標に向かって突き進むようになることも多々ある。野球の指導にとどまらず、寮生活の指導もきめ細かく行って“チーム”を作り上げていく手腕は見事。選手の面倒をとことん見ることでも知られ、選手たちから慕われ、愛される指導者だ。


 そんな西谷監督に、“春夏連覇の次の代”とともに歩んできたこの1年を振り返ってもらった。なかなか結果に恵まれないまま夏の大会に突入したが、目標は、今年ももちろん“日本一”だ。

「リズムが作れなかった」新チーム

――前チームでベンチ入りしていたのは、キャプテンの中野波来(はる)選手、副キャプテンの宮本涼太選手の二人だけ。今年度はほぼ一からのチーム作りとなりました。


 投手は、中田惟斗と仲三河優太を軸に考えていて、秋の大阪大会は中田を背番号「1」にしたのですが、二人ともケガでうまくいかず……。そんな中、前チームで、シートバッティングなどで力をつけていた新井雅之が投げ、「最低限」と思っていた近畿大会に出ることはできました。


――秋の近畿大会は準々決勝で敗退。前チームの春夏連覇メンバーたちがその後の練習に取り組む後輩たちを間近で見て、「覇気や本気度が足りなかった」ということも言っていました。


 僕からしたら、新チームはまだそのレベルまでいっていなかったので、それも仕方のないことだと思っていましたけど、前チームは熱すぎる選手がそろっていて、少しのミスも許さないような雰囲気があった。その物差しから見たら後輩たちが物足りなく感じたのでしょう(笑)。この代の選手たちは、経験も少なく、どうやっていったらいいのかも分からず、リズムが作れなかったんだと思います。

瀬川ふみ子

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント