sportsnavi

新体制発表会をライブ配信してみた
「IT活用でJクラブは変わる」第6回
栃木SC、2019シーズン新体制発表会
栃木SC、2019シーズン新体制発表会【提供:江藤美帆】

 こんにちは、えとみほです。Jリーグ開幕まで1カ月を切りました。昨年の春にJクラブに転職した私にとっては初めてのシーズンオフですが、あまりにもやることが多く、毎日が時間との戦いです。ちなみに栃木SCの場合、シーズンオフ中だけでもこれだけのイベントを開催します。


・シーズン報告会

・ファン感謝会

・新体制発表会

・新ユニフォーム発表会

・必勝祈願祭

・キックオフパーティ

・開幕前記者会見


 これらのイベントの中には、会場の収容人数の都合でサポーターが参加できるものもあれば、参加できないものもあります。また、サポーターの中には遠方に住んでいるために、イベントに参加したくてもできない方も大勢いらっしゃいます。そこで、今シーズンから会場に来たくても来られないサポーターの方に向けて、試験的に一部のイベントをSNSのシステムを使ってライブ配信してみることにしました。

スマホ動画「縦」で見るか「横」で見るか問題

 今回ライブ配信を行うことにしたのは、1月12日(土)に開催したメディア向けの新体制発表会と新ユニフォーム発表会でした。実験ということもあり、あえて新体制発表会は「インスタライブ」、新ユニフォーム発表会は「ツイッターライブ(配信)」と、配信プラットフォームを分けてみました。


 まずインスタライブは、配信直後から「画面を横にしてほしい」というリクエストが相次ぎました。インスタライブはご存知のように縦型動画を配信するものですが、ステージが横長だったため、選手を全部画角に入れようとすると、どうしても少し離れた位置からの撮影になってしまいます。

まずは縦向きで配信。全体を画面に収めるには離れた場所から撮影する必要がある
まずは縦向きで配信。全体を画面に収めるには離れた場所から撮影する必要がある【提供:江藤美帆】

 そこで、途中からスマホの画面の向きを変えて横にしてみたのですが、横にすると今度はコメントが読みづらくなるという問題が起こりました。インスタライブは画面を横にしてもコメントの向きが変わらないからです。それはそれで「見づらい」という声も上がったので、インスタの場合は横でも縦でも一長一短あるのかなという感じはしました。


 やはりインスタライブはこういった記者会見のようなテレビ的なカッチリした映像を配信するのではなく、スマホでカジュアルに配信者がフォロワーに語りかけるようなコンテンツに適しているのではないかと感じました。


 一方、ツイッターライブのほうは横向きにするとコメントの向きも変わるため、横向きでも大きなクレームもなく配信できました(全画面ではないため画角は小さくなりますが)。またインスタライブとは異なり、コメントは個々人でオンオフを切り替えることもできるため、テレビライクな視聴もできます。落ち着いて会見を見たいという人には、こちらのほうが好評でした。

ツイッターライブのメリットはコメントのオンオフを個人で切り替えられること
ツイッターライブのメリットはコメントのオンオフを個人で切り替えられること【提供:江藤美帆】
えとみほ(江藤美帆)
えとみほ(江藤美帆)

Jリーグ・栃木SC、マーケティング戦略部長。外資IT企業、大手ネット系広告代理店勤務などを経て、スマホで写真が売れちゃうアプリ「Snapmart」を開発、ピクスタ100%出資子会社のスナップマート株式会社の代表取締役に就任。2018年3月に代表を退任し、5月より現職

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント