横浜・及川は“わしづかみ”で150キロ
「カメのごとく」着実に成長し続ける

アプリ限定

ドラフト1位候補の逸材だが……

中学から世代のトップグループを走ってきた及川。高校でも、まだまだ伸びしろを見せている
中学から世代のトップグループを走ってきた及川。高校でも、まだまだ伸びしろを見せている【写真は共同】

 小学6年時には千葉ロッテジュニアに選ばれ、中学3年時にはU−15侍ジャパンの左のエースとして活躍。世代のトップグループを走ってきた男が、高校でも潜在能力の高さを見せている。 

 183センチ74キロのピッチャーらしいスラッとした体形から、150キロを超えるストレートを投げ込む横浜・及川雅貴。ウイニングショットには、斜めに鋭く曲がり落ちるスライダーを持ち、昨秋の公式戦では41と1/3イニングで59奪三振と、ドクターKぶりを発揮した。スライダーでも、ストレートと同じように腕が振れるのが最大の強みである。希少価値の高い左の速球派であり、ドラフト1位候補の逸材であることは間違いない。


 ただ……。

大利実

1977年生まれ、横浜市出身。大学卒業後、スポーツライター事務所を経て独立。中学軟式野球、高校野球を中心に取材・執筆。著書に『中学の部活から学ぶ わが子をグングン伸ばす方法』(大空ポケット新書)や、神奈川高校野球の監督たちの指導論やライバル関係を描いた『高校野球 神奈川を戦う監督(おとこ)たち』『神奈川を戦う監督(おとこ)たち2』(ともに日刊スポーツ出版社)がある。有料メルマガ「メルマガでしか読めない中学野球」(http://www.mag2.com/m/0001566390.html)やツイッター(@mino8989)でも情報を発信中。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント