sportsnavi

明治を日本一に導いた分析と準備
「部員126名の努力が最高の形に」

田中監督「粘り強さ、それに尽きる」

粘り強く戦った明治大が22季ぶりの大学日本一に輝いた
粘り強く戦った明治大が22季ぶりの大学日本一に輝いた【斉藤健仁】

 決勝という大舞台で、紫紺のジャージが今季一番の輝きを見せ、22季ぶりの歓喜に沸いた。

 1月12日、秩父宮ラグビー場でラグビー大学選手権の決勝が行われた。関東大学対抗戦3位ながら2季連続決勝に進出した明治大と、準決勝で帝京大のV10を阻み、1925年の創部以来初の優勝を狙う関西王者・天理大が激突した。

 前半3分、天理大が先制したが、その後明治大が主導権を握り前半を12対5で折り返し、後半も優位に進めて22対17で競り勝った。明治大は1996年度以来、13度目の優勝を飾った。


 昨季からヘッドコーチ、今季から現職となった田中澄憲監督は「部員126名の努力とハードワークが最後に最高の形で表れてうれしい。粘り強さ、それに尽きる。昨季を超える思いで学生が努力し勝つことができた。(勝因は)学生の努力、頑張り、それ以外ない」と目を細めた。

4年生同士の話し合いで結束

試合前に感極まる明治大・福田主将
試合前に感極まる明治大・福田主将【斉藤健仁】

 昨年2月から「エクシード(昨季のチーム、結果を超える)」というスローガンを掲げていた明治大は春、夏、対抗戦で帝京大に勝利し力のあることを証明。対抗戦ではライバルの慶応大、早稲田大に接戦で敗れて3位タイ(4位扱い)に沈んだが、大学選手権では負けたら終わりというタフな連戦で、立命館大、東海大、早稲田大に勝ち、上り調子だった。


「大学選手権前に4年生が(決起集会で)結束し、腹を割って話し合い、福田(健太)主将も痛いことを言われて成長につながった。課題も一つずつクリアしてきた。福田主将もこの6週間くらいで、グッと魅力的になってきた。4年生同士、最後、大事な場面でまとまってきた。チームがガラッと変わった」(田中監督)


 試合前、指揮官は「対抗戦から36名の選手がたすきのようにつないできた。勝ち負けではなく、メンバー外の選手が、見ていて誇りに思うような試合をしよう」と選手に伝えた。福田主将は「(昨季の主将・古川)満さんの代が、明治としての壁を破ってくれた。昨シーズンは決勝に行けてホッとしたが、今季は優勝したい」と腕を撫した。


 1年前の決勝で20対21と惜敗した悔しい思いから「本気で日本一」を目指してきた選手たちは自分たちのためよりも「メンバー外の選手のために勝ちたい」、そして日本一になり「キヨさん(田中監督)を胴上げしたい」というマインドになっていた。メンタル的にピークを持ってくることに成功していた。

天理大の強力アタックを抑え込む

天理大の強力なアタックを、激しいタックルで止め続けた
天理大の強力なアタックを、激しいタックルで止め続けた【斉藤健仁】

 ラグビーに関しても素晴らしい出来だった。さすが、元日本代表の田中監督がトップリーグで優勝を経験し、サントリーでも主力として戦ってきた選手だったことをうかがわせた。1つ目はやはりディフェンスである。この試合は紫紺の壁が機能した。


 明治大はタックル成功率も高く、相手の強力アタックを止め続けた。天理大は過去9試合の平均得点が59.5点と高かった。日本代表キャップ2を誇るNo.8ファウルア・マキシ(4年)らトンガ人留学生が3人、WTB久保直人(4年)らがおり、グラウンドの横幅を広く、推進力に長けた選手が並ぶポッド・アタックを採用。さらにラインアウトからのモールも武器としていた。


 ただ、試合前、福田主将は「(勝負の鍵は)ディフェンス。前に出てプレッシャーを与えていきたい。新チームになって最初から掲げていた(ボールを奪う)ハンティングディフェンスもしたい」と意気込んでいた。3人、4人で倒して人数をかけ過ぎてしまうと外にスペースが空いてしまう。1人目がしっかり倒し切って、2人目がボールに絡むことを徹底。隙があるとジャッカルや、抱え込んでモールアンプレアブルに持ち込みターンオーバーを重ねた。


 また田中監督は、対抗戦の早稲田大戦で31失点した反省から、ディフェンスを修正。「いいとき、悪いときのビデオを見せた。すぐに修正できた。負けから学んで成長してきた」。前に出られるときはしっかりと出て、出られないときは横と連携を取り、面を保って止め続けた。そのバランスも見事だった。「外国人選手に対して決定的なところがなかった。たくましく、タフになった」(田中監督)


 また今季から、外国人選手枠が2から3に増えたこともあり、日野やリコーといったトップリーグ勢と試合を組むなど対策も余念がなかった。やや勝ちを意識しすぎた後半29分以降、2トライを献上したが、最後もCTB森勇登(2年)が前に出てノックオンを誘ってノーサイド。相手を17点に抑えた。

斉藤健仁

スポーツライター。1975年生まれ、千葉県柏市育ち。ラグビーとサッカーを中心に執筆。エディー・ジャパンのテストマッチ全試合を現地で取材!ラグビー専門WEBマガジン「Rugby Japan 365」、「高校生スポーツ」の記者も務める。 学生時代に水泳、サッカー、テニス、ラグビー、スカッシュを経験。「世界最強のゴールキーパー論」(出版芸術社)、「ラグビー「観戦力」が高まる」(東邦出版)、「田中史朗と堀江翔太が日本代表に欠かせない本当の理由」(ガイドワークス)、「ラグビーは頭脳が9割」(東邦出版)、「エディー・ジョーンズ4年間の軌跡―」(ベースボール・マガジン社)など著書多数。最新刊は「高校ラグビーは頭脳が9割」(東邦出版/2017年11月刊)。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント