IDでもっと便利に新規取得

ログイン

野村克也からの手紙
鶴岡一人様 恩師の貴方へ
『野村克也からの手紙』
18年前に逝去した鶴岡一人氏。野村氏が恩師に初めて手紙を書いた
18年前に逝去した鶴岡一人氏。野村氏が恩師に初めて手紙を書いた【写真は共同】

 指導者のあるべき姿とはなんぞや。パワーハラスメントという言葉がクローズアップされる時代。師と弟子の関係性に視線が注がれている。プロ野球の名監督として、4球団を率いて、多くのトップ選手を育てた野村克也氏にとって、恩師にあたるのが鶴岡一人氏だ。


 南海を11度優勝に導いた名将は、1954年に入団した野村氏を二軍から鍛え、キャンプに抜擢し、一軍で我慢して使いながら四番に育て上げている。ただ、鶴岡氏の現役時代は、気合と根性で野球をする時代。野村氏は、その軍隊野球、精神野球とは最後までなじめなかったという。


 18年前に逝去した恩師に、初めて書く手紙。「感謝と憎しみが五分五分」という文章の奥に、人生の味わいがある。

監督のさり気ないひと言が、選手の自信とやる気を育てる

 プロ野球界に身を置いて、60年超。やはり最初の恩師は鶴岡さんということになるのでしょう。


 高校時代、プロ野球選手を夢見ていた私でしたが、京都の片田舎ではいくらホームランを打っても、スカウトの姿はなし。どうすればいいのかと思いあぐんでいたとき、アルバイトで配り歩いていた新聞の片隅に、「南海ホークス新人募集」の文字を見つけました。


 野球部の部長先生に相談すると、「お前なら、ひょっとするとひょっとするぞ」と背中を押してくださいました。後に知ったことですが、先生は各球団宛、「わが校には野村克也という優秀な選手がおります……」と手紙をしたため、送ってくださいました。達筆で、心を込めた毛筆の手紙が貴方の心を動かしてくれたのでしょうか。唯一返事を書いてくださったのが、ご縁の第一歩になりました。入団テストの当日、お会いするのを楽しみにしていた鶴岡さんが会場にいらっしゃらなかったのは、至極残念でしたが……。


 二軍時代、鶴岡監督はとても怖い存在でした。たまに監督が二軍の球場に来ると、球場全体に緊張感が走り、皆がピリッとなりました。貴方の口から出るのは、いかにも厳しい軍隊用語ばかり。ミスをした選手に、よく「お前なんか、営倉入りじゃ!」とおっしゃっていましたね。私は最初、営倉とはなんのことか、まったくわかりませんでした。あとから先輩に、「兵隊を入れる牢屋のことだよ」と聞き、驚いたものです。


 私が3年目の春のハワイキャンプは、一生忘れられません。ハワイ旅行など夢のようだった当時、20歳そこそこの私を、ブルペンキャッチャーとしてではありましたが、一軍キャンプに呼んでくださいました。あのときは先輩方が皆、初の海外体験に浮かれ、毎晩のように遊び歩いてばかり。私はマネジャーの道具管理を手伝わなければなりませんでしたし、遊びに行くお金もありませんから、ずっとホテルにいて、時間さえあれば素振りをしていました。それが、幸いしましたね。

 折しも、レギュラー捕手だった松井(淳)さんが、肩の故障でリタイア。控え捕手の筆頭だった小辻(英雄)さんは私と違って男前で、夜な夜な誘われ、遊びに出かけていました。もちろん鶴岡さんも、そんなことはお見通しでしたね。「お前は毎晩、毎晩、遊び歩きやがって! 日本に帰ったらクビじゃ!」とお灸をすえ、半ばヤケクソで、「野村、お前行け!」と私に出番をくださいました。


 ハワイでの私は、絶好調でした。監督がハワイチームとの親善試合に使ってくださったおかげで、『新人賞』という、プロ人生初のトロフィーをいただくこともできました。


 でもこのハワイキャンプで一番うれしかったのは、帰国後のこと。ハワイキャンプを総括した鶴岡さんのコメントを、新聞紙上に見つけたときです。


「今回のハワイキャンプは失敗だった。ただ一つの収穫は、野村に使えるメドが立ったことだ」


 その言葉にたがわず、監督はオープン戦でも、私にマスクをかぶらせてくださいました。公式戦開幕後は、オープン戦とは違ってなかなかヒットの出ない私を我慢して、我慢して使い続けました。


 あれはいつのことだったか。球場で貴方とすれ違ったとき、ポソッと声をかけてくださいましたね。


「お前、ようなったな」


 このたったひと言に、どれだけの自信をいただいたか。


 鶴岡さんは普段、決して選手をほめることのない方でした。敵はほめても、味方はケチョンケチョンにけなす。そんな人がまだ若造だった私を、たったひと言とはいえ、ほめてくださったのです。貴方にほめられたのは、後にも先にもこれ一度きりですが、この言葉があったから、現在の私があるようなものです。


 つまり、監督のこういったさり気ないひと言が、選手の自信とやる気を育ててくれる。それは、あのときの鶴岡さんの言葉から学びました。「お前、ようなったな」── 私も監督となり、のちに気がつけば、同じ言葉を選手にかけていました。


 余談ですが、同じ言葉といえば、やはり20年も貴方に仕えた身。無意識のうちに、“鶴岡流”が身についていたようです。特に選手を叱るとき。鶴岡さんの口ぐせは、「銭(ジェニ)にならんやっちゃのう」でした。あまりに何度も聞きすぎたのか、私もつい「銭(ジェニ)にならんやっちゃのう」と口を突いて出てしまうのです。ハッと我に返り、「あ、広島弁だ。鶴岡弁が出てしまった」と思ったものです。


 監督は情で選手を動かすタイプ、恐怖で選手を動かすタイプ、理で選手を動かすタイプの大きく3つに分けられます。貴方は情に厚く、その情で選手を動かす監督でしたね。


 65年、鶴岡さんが「監督を勇退する」とおっしゃったとき、選手会の5人が慰留を求め、お宅まで直談判に伺いました。その先頭を切ったのが、主軸の杉山(光平)さんでした。杉山さんは近鉄時代、芥田(武夫)監督と反りが合わず、二軍でくすぶっていました。外部の人間は皆そんな事情は知らないものですから、「あんな好打者が、なんで二軍にいるんだろう」と不思議がっていたものです。貴方はそれをどこから聞きつけたのか、杉山さんを南海に引っ張ってきました。杉山さんは、相当な恩義を感じていたと思います。貴方は『鶴岡親分』と呼ばれ、貴方を慕う選手たちは『鶴岡一家』となりました。


 ただ、私は入団したときから、この『鶴岡一家』にある種の疎外感を覚えていました。自ら出向いて獲得した、特に大卒の選手たちを貴方はかわいがった。しかし私や皆川睦雄のように高卒の田舎者には、冷たかった。


 69年、私が球団から兼任監督のオファーを受けた直後、巨人対阪急の日本シリーズの放送席でお会いしましたね。民放のゲスト解説に呼ばれた私は、NHKの放送席に鶴岡さんを見つけ、挨拶をしました。


「ご存じかと思いますが、今、球団から監督要請を受けております。つきましては、ご意見を伺いにご自宅のほうへ伺いたいのですが、お会いいただけますか?」


 すると、貴方はものすごい剣幕で、こうおっしゃいました。


「お前、監督がどういうもんか、わかってるのか!」


 周囲にいたスタッフが驚き、「まあまあ……」となだめなければ、掴みかかってこんばかりの勢いでしたね。


 貴方は最初から、高校出のテスト生だった私が監督になることに大反対だったのでしょう。鶴岡さんの後継は、『鶴岡一家』の一番弟子だった杉浦忠に、と思っていたのに、川勝(傳/でん)オーナーが私を候補に選んだ。『南海=自分のチーム』と思っていらしたのに、ご自分の思い通りにならなかった。


 貴方はかねがね言っていましたね。


「本当に南海ホークスに貢献したのは、杉浦だけだ」


 確かに、杉浦の力は偉大だった。59年、巨人と5度目の対戦で、初めて日本一を勝ち取った日本シリーズ。それまでリーグ優勝はできても、日本シリーズで巨人に負け続けてきました。それが杉浦の4連投4連勝のおかげで、日本一になれた。杉浦なしに、あの日本一は成し遂げられなかったでしょう。しかし、野球はチームプレー。いくら杉浦がかわいいとはいえ、私は正直、「このおっさん、野球をわかっているのかな」と思いましたよ。


 結果的に、鶴岡さんは私の反面教師になりました。

ベースボール・マガジン社

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント