IDでもっと便利に新規取得

ログイン

八村塁「日本バスケに大事な1勝だった」
W杯1次予選 豪州戦後の選手コメント
八村は「チームに自信を与えたいと思ってプレーした」と試合を振り返った
八村は「チームに自信を与えたいと思ってプレーした」と試合を振り返った【加藤よしお】

 バスケットボール男子日本代表は29日、千葉ポートアリーナで「FIBAワールドカップ(W杯)」のアジア地区1次予選のオーストラリア戦に臨み、79−78で勝利。FIBA(国際バスケットボール連盟)ランキング10位(日本は同48位)でNBA選手2人を擁する強豪相手に、今大会初勝利を挙げた。


 日本は試合序盤からニック・ファジーカス、八村塁の2人が得点源となると、第1クオーター(Q)を終えて23−16とリード。その後も勢いに乗ると、第2Q途中で12点差のリードを奪うことに成功する。しかし、第3Qで立て続けに失点を喫し、途中50−50の同点とされる。ホームの大声援を背に意地を見せる日本は、篠山竜青のディフェンスなどで流れをつかむと、竹内譲次や馬場雄大、八村などが得点を重ね再びリードを広げる。最後は5ファウルの窮地に立たされるも、追いすがるオーストラリアから僅差で逃げ切り、1次予選突破に望みをつないだ。


 試合後、24得点を挙げた八村塁は「前の試合で(オーストラリアに)一度負けていて、自信も無かったんじゃないかと思います。だから僕が最初にいって、チームに自信を与えられたらと思ってプレーしました」とコメント。その言葉通り日本の攻撃をけん引し、「これからの日本バスケのために大事な1勝だった」と試合を振り返った。また、この日チーム最多の25得点を挙げたファジーカスは、「数字は大事でなくて、勝てたことが大事」とこの試合の重要性を語った。


 日本は7月2日にアウェーで、予選突破を懸けてチャイニーズ・タイペイと最終戦を戦う。

八村塁(ゴンザガ大)

「チームに自信を与えたいと思ってプレーした」


 僕がいないとき、前の試合で(オーストラリアに)一度負けていて、自信もなかったんじゃないかと思います。だから僕が最初にいって、チームに自信を与えたいと思ってプレーしました。


 オーストラリアは世界でも上の方のチームなので、難しい試合になるというのは誰でも分かっていたと思います。その中で焦らずにやることが大事だったけれど、今回はそれができた。日本でやるのも久しぶりでしたが、こういうふうにいっぱいの観客の前で勝てて、気持ちよかったです。これからの日本バスケのために大事な1勝だったんじゃないかと思います。


 僕はNCAAでやっているので、同じようにできました。フィジカル面は(今日の試合よりも)NCAAの方が少し強いかもしれないです。オーストラリアは大きいですけれど、NCAAはさらに動けたりするので。


(6月15日、17日の韓国戦は)1勝したんですけれど、2試合目で負けてしまいました。でも悪いところを見つけられて、修正する時間をとれた。いい形でオーストラリア戦を迎えられたと思います。


(U−19W杯で敗れたオーストラリアにリベンジをしたが)そのときはオーバータイムまでいって負けたと思うんですけれど、A代表になって同じ相手に勝てて良かったです。今日はチームで祝って、明日はしっかり切り替えてチャイニーズ・タイペイのスカウティングもしっかりして、月曜の試合に向けてちゃんと取り組みたいと思います。

ニック・ファジーカス(川崎ブレイブサンダース)

この日チーム最多の25得点を挙げたファジーカスは、「数字は大事でなくて、勝てたことが大事」とコメント
この日チーム最多の25得点を挙げたファジーカスは、「数字は大事でなくて、勝てたことが大事」とコメント【加藤よしお】

「数字は大事でなくて、勝てたことが大事」


 川崎でやっているような貢献ができた。試合の出足はあまりシュートが入らなかったけれど、(第2Qに)2本連続で3ポイントシュートを決められて調子に乗れた。(25ポイントを挙げたけれど)数字は大事でなくて、勝てたことが大事だと思います。


(残り1分のタイムアウトはなぜ要求したのか?)少し疲れていたのでコーチの方を見て、それで取ってくれたんだと思います。残り1分24秒くらいだったと思いますが(編注:実際には1分26秒)、ショットクロックも少なかったのでどういうプレーをするか、どう戦うかというゲームの流れについて話したかった。

馬場雄大(アルバルク東京)

「塁は自分たちの道しるべ」と馬場雄大は中学の後輩である八村を称賛した
「塁は自分たちの道しるべ」と馬場雄大は中学の後輩である八村を称賛した【加藤よしお】

「塁は自分たちの道しるべ」


 いけるとは最後まで思っていないです。最後の最後まで一瞬も気は抜けなかった。(この一戦で手にできたものは)多すぎて……(笑)。とりあえず結果というところで、しかも強豪相手にというところは一番大きい。前回のオーストラリア戦はアウェーで激しい戦いになったんですけれど、そのビデオも見返しました。どこが空いてくるといったことを考えながら、最後まで冷静にやれた。(第3Qに痛めた右足は)大丈夫です。


(1カ月近い合宿で身についたものは)リバウンド、ルーズボールへの意識だと思います。そこは塁選手の得意なところですし、ニック選手も頑張ってくれた。中で点数を取る選手が必要だというのはみんなが感じていたことですが、あの2人が入ったことで、安心感が生まれたというか、そこで点数重ねることができたのは大きい。


(富山市立奥田中出身の2人が活躍したことは)誇りに思いますし、(後輩の)塁と一緒にプレーできることも誇りに思います。彼は米国で活躍していて、自分たちの道しるべだと思っている。2人で喜び合いたいです。

スポーツナビ

スポーツナビ編集部による執筆・編集・構成の記事。コラムやインタビューなどの深い読み物や、“今知りたい”スポーツの最新情報をお届けします。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント