IDでもっと便利に新規取得

ログイン

豪雪地帯だからこそできる旭川実業の強化
「北海道のサッカー」で全国区に

アプリ限定

富居監督が抱く積年の思い

今夏のインターハイで北海道勢として23年ぶりのベスト8進出を果たした旭川実業(白)。選手権での活躍に期待がかかる
今夏のインターハイで北海道勢として23年ぶりのベスト8進出を果たした旭川実業(白)。選手権での活躍に期待がかかる【安藤隆人】

 全国高校サッカー選手権大会の北海道代表は2年連続で旭川実業となった。決勝戦で北海道大谷室蘭を3−0で下し、勝ち名乗りを挙げた同校を率いるのは富居徹雄監督。今年で就任24年目を迎える富居監督の口癖は「北海道のサッカーを変えたい」だった。


 これまで室蘭大谷(現北海道大谷室蘭)、北海、帯広北などが活躍を見せていた北海道の高校サッカーに風穴を開け、2000年度に選手権初出場。それ以降はインターハイ(全国高校総合体育大会)、選手権、プリンスリーグ北海道でコンスタントに結果を残し、12年には高円宮杯プレミアリーグイーストに参戦。今年のインターハイでは北海道勢として23年ぶりのベスト8に食い込んだ。


 富居監督が目指すのは、「北海道を制するとかではなく、あくまで高校、Jユースも視野に入れて、全国でいかに対等に戦えるか」ということ。


「特に激戦区の関東や関西のチームと当たり前のように対等に戦えないといけない。常に道外に目を配って取り組まないと、北海道は取り残されてしまう」


 指揮官は北海道スタンダードではなく、常に全国スタンダードで物事を考える。全国で通用する選手の育成を頭に入れて地道に指導をしていかないと、北海道のレベルが下がってしまう。現にかつて北海道は室蘭大谷を中心に、全国トップレベルの力を有したチームがそろい、これまで財前恵一(室蘭大谷卒、現札幌国際大サッカー部監督)、野田知(室蘭大谷卒、現ヴィッセル神戸U−18監督)、山瀬功治(北海卒、現アビスパ福岡)など技術の高い多くの人材を世に輩出した。しかし、コンサドーレ札幌の下部組織が成熟してくると、多くのタレントがコンサドーレに流れ、北海道の高体連(全国高等学校体育連盟)はトーンダウンしていく。


 しかし、北海道にJユースは1つしかない。「だからこそ、われわれ高体連がもっとしっかりしないと、北海道の選手達は育たない。もっとそれぞれカラーをしっかりと打ち出して、全国的な視野でサッカーをしないといけない」と、富居監督は自らの役割の重要性と危機感を抱いた。そして、数年前から「北海道のサッカーを変えたい」という言葉を発するようになったのだった。

安藤隆人

大学卒業後、5年半勤めた銀行を退職して単身上京し、フリーサッカージャーナリストに転身した異色の経歴を持つ。ユース年代に情熱を注ぎ、日本全国、世界各国を旅し、ユース年代の発展に注力する。2012年1月にこれまでのサッカージャーナリスト人生の一つの集大成と言える、『走り続ける才能たち 彼らと僕のサッカー人生』(実業之日本社)を出版。筆者自身のサッカー人生からスタートし、銀行員時代に夢と現実のはざまに苦しみながらも、そこで出会った高校1年生の本田圭佑、岡崎慎司、香川真司ら才能たちの取材、会話を通じて夢を現実に変えていく過程を書き上げた。13年12月には実話を集めた『高校サッカー 心揺さぶる11の物語』(カンゼン)を発刊。ほかにも『高校サッカー聖地物語 僕らが熱くなれる場所』(講談社)、があり、雑誌では『Number』、サッカー専門誌などに寄稿。2013年5月〜14年5月、週刊少年ジャンプで『蹴ジャン!SHOOT JUMP!』を連載した。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント