IDでもっと便利に新規取得

ログイン

青森山田の一強時代に終わりはあるのか?
「無風地帯」青森県の深刻な状況

アプリ限定

全国区で地位を築き上げた青森山田

全国区の活躍を見せる青森山田。もはや県内では絶対的な地位を築き、常に日本一を見据えている
全国区の活躍を見せる青森山田。もはや県内では絶対的な地位を築き、常に日本一を見据えている【写真:長田洋平/アフロスポーツ】

「青森は毎年、無風地帯」


 そう表現されるほど、青森県の高校サッカーシーンにおいて青森山田の存在は強烈で、絶対的な1強となっている。


 インターハイ(全国高校総合体育大会)予選は今年も含めて19連覇中で、全国高校サッカー選手権大会の予選も現時点で20連覇中。今回の選手権予選を制すれば、実に21連覇となる。さらに青森山田を絶対的な存在にさせているのが、全国大会での結果だ。


 2009年度には2年生MF柴崎岳(ヘタフェ)を擁して第88回選手権準優勝を果たしたのを皮切りに、11年からスタートした「ユース年代最高峰のリーグ」である高円宮杯U−18プレミアリーグイーストに参戦すると、これまで一度も降格することなく、全国トップレベルのリーグで戦い抜いてきた。


 スタート時からリーグにいる「オリジナル20」の中で、これまで一度も降格していないのは、青森山田、清水エスパルスユース、セレッソ大阪U−18、京都サンガF.C.U−18、サンフレッチェ広島ユース、東福岡の6チームのみ。


 それだけでも十分に価値のあることだが、青森山田は一昨年度のプレミアリーグイーストで2位、昨年度は優勝を果たし、東西の王者で争われるチャンピオンシップも制して、「ユース年代真の日本一」の称号を手にした。この勢いで選手権を制し、近年では難しいと言われた2冠を達成した。


 今年もプレミアイーストで優勝争い(第15節終了時点で2位)を繰り広げるなど、全国でも盤石の牙城を築く青森山田だけに、青森の「無風状態」はさらに加速していった。

安藤隆人

大学卒業後、5年半勤めた銀行を退職して単身上京し、フリーサッカージャーナリストに転身した異色の経歴を持つ。ユース年代に情熱を注ぎ、日本全国、世界各国を旅し、ユース年代の発展に注力する。2012年1月にこれまでのサッカージャーナリスト人生の一つの集大成と言える、『走り続ける才能たち 彼らと僕のサッカー人生』(実業之日本社)を出版。筆者自身のサッカー人生からスタートし、銀行員時代に夢と現実のはざまに苦しみながらも、そこで出会った高校1年生の本田圭佑、岡崎慎司、香川真司ら才能たちの取材、会話を通じて夢を現実に変えていく過程を書き上げた。13年12月には実話を集めた『高校サッカー 心揺さぶる11の物語』(カンゼン)を発刊。ほかにも『高校サッカー聖地物語 僕らが熱くなれる場所』(講談社)、があり、雑誌では『Number』、サッカー専門誌などに寄稿。2013年5月〜14年5月、週刊少年ジャンプで『蹴ジャン!SHOOT JUMP!』を連載した。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント