IDでもっと便利に新規取得

ログイン

無名選手から日本代表へ
天井翼、世界水泳で目指すその先

 水泳の世界選手権(以下、世界水泳)が7月14日、ハンガリーのブダペストで開幕する。競泳(23日〜30日開催)の日本代表に選ばれた、全25選手の大会への思い、これまでのストーリーとは。全25回連載の第11回は、フリーリレーメンバーの天井翼(ミキハウス)を紹介する。


■天井翼を知る3つのポイント

・高校時代は無名。東洋大進学後に日本代表に。

・リオデジャネイロ五輪(以下、リオ五輪)代表の座を逃し、日本代表のメダル獲得に複雑な思いも。

・「今年こそは」という思いで練習。2大会連続で世界水泳の舞台へ。

東洋大への進学 つかんだ日本代表

2度目の世界水泳に臨む天井翼。高校時代は、全国的には無名の選手だった
2度目の世界水泳に臨む天井翼。高校時代は、全国的には無名の選手だった【写真:築田純/アフロスポーツ】

 いったい誰が天井翼という選手が、日本代表まで上り詰めると思っていたのだろうか。そのくらい、無名の選手だった。


 高校時代は全国大会には出場していたものの、決勝には進めず。しかし、オリンピアンが多数在籍する東洋大に進学直後、大学1年生で迎えたインカレで“天井翼”の名が全国に知れ渡る。大会最終日、男子の花形種目である4×200メートルリレー決勝での事だ。個人種目の200メートル自由形で5位だった天井は、東洋大のアンカーを任され、3位でバトンを受け取る。すると、1、2位の大学をじりじりと追い上げていき、ラストスパートで抜き去り優勝をもぎ取ったのである。


 その後も順調に記録を伸ばしていき、2014年の長崎国体の400メートル自由形で全国大会初優勝を飾る。同年12月の世界短水路選手権(カタール・ドーハ)にも出場し、初の日本代表を経験。15年には、世界水泳(ロシア・カザン)の代表入りも果たした。だが16年、4月に行われた日本選手権の200メートル自由形で力を出し切れずに5位で、その夏のリオ五輪代表を逃してしまう。


 気持ちが切れてもおかしくないような経験、“挫折”と言っていいかもしれない。それでも天井の心は折れなかった。大学4年の最後の夏、インカレの200メートル、400メートル自由形で2冠を達成し、存在感を示したのである。

五輪逃した悔しさ「今年こそ、という思いで練習してきた」

16年リオ五輪は代表に入れず。その悔しさを力に変えた
16年リオ五輪は代表に入れず。その悔しさを力に変えた【写真:長田洋平/アフロスポーツ】

 そして社会人1年目で迎えた今シーズン。「去年は日本選手権で悔しい思いをしました。五輪も(日本が)リレーでメダルを取れて良かったという思いと、自分もそこで戦いたかった、という思いが合わさって複雑でした」と話す天井は、6月の和歌山県選手権で4×200メートルリレーの代表権を獲得する。五輪で一緒に戦えなかったその雪辱を果たす機会を得た。


「今年こそは、という思いで練習をしてきました。五輪でメダルを獲得しているチームであること(※)を心に刻んで臨みます」


 4年前は全く無名だった選手が、気付けば日本を代表する選手に成長した。次はいよいよ、世界に“天井”の名を知らしめるときだ。


※2016年リオ五輪の男子4x200メートルリレーで、日本男子は52年ぶりの銅メダルを獲得した。

田坂友暁

1980年、兵庫県生まれ。バタフライの選手として全国大会で数々の入賞、優勝を経験し、現役最高成績は日本ランキング4位、世界ランキング47位。この経験を生かして『月刊SWIM』編集部に所属し、多くの特集や連載記事、大会リポート、インタビュー記事、ハウツーDVDの作成などを手がける。2013年からフリーランスのエディター・ライターとして活動を開始。水泳の知識とアスリート経験を生かした幅広いテーマで水泳を中心に取材・執筆を行っている。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント