IDでもっと便利に新規取得

ログイン

決して驕らず、ストイックな現代の侍
4度目の世界水泳に臨む小堀勇氣

 水泳の世界選手権(以下、世界水泳)が7月14日、ハンガリーのブダペストで開幕する。競泳(23日〜30日開催)の日本代表に選ばれた、全25選手の大会への思い、これまでのストーリーとは。全25回連載の第7回は、メドレーリレーメンバーの小堀勇氣(ミズノ)を紹介する。


■小堀勇氣を知る3つのポイント

・石川県出身。『北陸の怪童』と呼ばれていた。

・「自分はまだまだ」と驕(おご)らずストイックな姿勢。

・リオデジャネイロ五輪(以下、リオ五輪)では、4×200メートルフリーリレーでの銅メダル獲得に貢献。

『北陸の怪童』と呼ばれたジュニア時代

リレーメンバーとして世界水泳に臨む小堀勇氣(中央)。リオデジャネイロ五輪では、4×200メートルリレーの銅メダル獲得に貢献。レース後はマイケル・フェルプス(米国)とも握手を交わした
リレーメンバーとして世界水泳に臨む小堀勇氣(中央)。リオデジャネイロ五輪では、4×200メートルリレーの銅メダル獲得に貢献。レース後はマイケル・フェルプス(米国)とも握手を交わした【写真:ロイター/アフロ】

 泳げばジュニアの記録を次々と更新する。出身地が石川県であることから、『北陸の怪童』と呼ばれた選手がいる。だが、ジュニアのころから記録を出し続けた選手が、大学生、社会人になっても日本代表として活躍を続けられる選手は、決して多くない。それでも自分を信じ、諦めずに水泳一筋に取り組んで力を伸ばし続けているのが、小堀勇氣だ。


 結果が悪いと「自分はまだまだ。課題はたくさんありますから、これから克服に取り組んでいきます」と答え、たとえ記録が良くても「世界から見ればまだまだですから、もっと良い記録を目指して頑張ります」と答える。常に世界を目指し、もっと、もっとと自分を追い込む小堀は、まさに一意専心の想いでストイックに水泳に取り組む。時には、そのストイックさが仇(あだ)となり、思うような結果を出せないことも多く、実はタイムの浮き沈みも激しいところがある。

武器は勝負強さ 五輪メダルにも大いに貢献

五輪で発揮した勝負強さは、世界水泳でも武器になるだろう。写真は3月のマドリード・オープン男子200メートルバタフライで優勝した小堀(中央)
五輪で発揮した勝負強さは、世界水泳でも武器になるだろう。写真は3月のマドリード・オープン男子200メートルバタフライで優勝した小堀(中央)【写真:ムツ・カワモリ/アフロ】

 ただ、ここぞというところの勝負強さは一品だ。リオ五輪で52年ぶりにメダルを獲得(銅メダル)した4×200メートルリレー。実力的には4番手だった小堀が、どれだけ記録を上げられるかがキーだった。プレッシャーのかかるなか、小堀は見事に1分45秒71という、引き継ぎながら自己記録を1秒以上も上回る記録で泳ぎ切ったのである。


 世界水泳への代表権を懸けた4月の日本選手権では、自由形(100メートル、200メートル)で成績が振るわず個人種目での出場権を逃すと、フリーリレーメンバーとしても“代表候補”にしかなれず。それでも最終日、100メートルバタフライで51秒98をマークし、メドレーリレーメンバーとして4度目となる世界水泳の代表入りを決めた。


 決して驕らず、自分の実力を高める。ひとつの事柄に対して脇目もふらず取り組む。その一途(いちず)な想いこそが、小堀の強さの秘密にほかならない。


『北陸の怪童』はいつしか成長して大人になった。『世界の怪物』となるべく、今日もひたすらに“現代の侍”のごとくトレーニングに励む。その努力が本当の意味で報われるのは、もうすぐだ。

田坂友暁

1980年、兵庫県生まれ。バタフライの選手として全国大会で数々の入賞、優勝を経験し、現役最高成績は日本ランキング4位、世界ランキング47位。この経験を生かして『月刊SWIM』編集部に所属し、多くの特集や連載記事、大会リポート、インタビュー記事、ハウツーDVDの作成などを手がける。2013年からフリーランスのエディター・ライターとして活動を開始。水泳の知識とアスリート経験を生かした幅広いテーマで水泳を中心に取材・執筆を行っている。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント