IDでもっと便利に新規取得

ログイン

小柄な努力家、女子キャプテン清水咲子
世界水泳で咲かせる満開の花

 水泳の世界選手権(以下、世界水泳)が7月14日、ハンガリーのブダペストで開幕する。競泳(23日〜30日開催)の日本代表に選ばれた、全25選手の大会への思い、これまでのストーリーとは。全25回連載の第9回は、女子個人メドレーの清水咲子(ミキハウス)を紹介する。


■清水咲子を知る3つのポイント

・女子代表のキャプテン。はきはきとした受け答えが印象的。

・五輪で日本記録を更新するなど、物おじしない強さを持つ。

・身長156センチと小柄。小気味良い泳ぎも魅力のひとつ。

マジメにコツコツ

競泳日本代表女子キャプテンの清水咲子。積み重ねた努力の花が今、咲き始めた
競泳日本代表女子キャプテンの清水咲子。積み重ねた努力の花が今、咲き始めた【写真:田村翔/アフロスポーツ】

 取材をすれば、はきはきと明確な受け答えをする。落ち込んだ姿を他人にはほとんど見せない。食事にも気をつかい、「疲れてくるとすぐに痩せてしまう」という体質をしっかり把握し、サプリメントを活用してコンディショニングに努めるなど、本当に『真面目』を絵に描いたような存在なのが、清水咲子という選手だ。


 リオデジャネイロ五輪にも出場し、本番では400メートル個人メドレーの予選で、当時の日本記録を更新(4分34秒66)して決勝に進出(決勝は8位)。大舞台でも物おじしない強さを見せつけた。今回の日本代表チームでは、女子キャプテンを任命された清水は、地道に、着実に力をつけてきた。


 清水が注目されたのは、高校3年でインターハイを制した2010年。その後、個人メドレーの代表選手を多く輩出している日本体育大に進学。1、2年時はなかなか結果を出せなかったが、それでも現在も師事する藤森善広コーチの元で、厳しくきついトレーニングにも弱音を吐かずに耐えてきた。


 結果、大学3年の日本選手権ではじめて表彰台に上がり、13年ユニバーシアード大会の代表入りを果たす。さらに翌年の日本選手権では、400メートル個人メドレーで自己記録を4秒近くも上回って優勝を飾った。辛く、苦しい2年間でしっかりと固めた地盤から、ようやく花が咲き始めたのである。

“ワクワク”するような泳ぎ メダルも視野に

ワクワクするような清水の泳ぎ
ワクワクするような清水の泳ぎ【写真:アフロスポーツ】

 清水は身長156センチと小柄だが、その体格を生かした小気味良いテンポの動きで400メートルを泳ぎ切る。水面を跳びはねるように、瞬発力を生かして進む得意なバタフライから攻めるレースは、見るものをなぜかワクワクさせてくれる。


 目指すのは、世界大会でのメダル獲得。実力からすれば、決して難しい目標ではない。カギは得意のバタフライと平泳ぎの間にある背泳ぎで、粘り切ることができるかどうかだ。地道に『真面目』に練習に取り組む清水だからこそできる、最初から思い切った泳ぎで最後まで粘るレースを見せてほしい。

田坂友暁

1980年、兵庫県生まれ。バタフライの選手として全国大会で数々の入賞、優勝を経験し、現役最高成績は日本ランキング4位、世界ランキング47位。この経験を生かして『月刊SWIM』編集部に所属し、多くの特集や連載記事、大会リポート、インタビュー記事、ハウツーDVDの作成などを手がける。2013年からフリーランスのエディター・ライターとして活動を開始。水泳の知識とアスリート経験を生かした幅広いテーマで水泳を中心に取材・執筆を行っている。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント