IDでもっと便利に新規取得

ログイン

高校3年・牧野紘子が挑む世界水泳
池江世代を強くした女子高生スイマー

 水泳の世界選手権(以下、世界水泳)が7月14日、ハンガリーのブダペストで開幕する。競泳(23日〜30日開催)の日本代表に選ばれた、全25選手の大会への思い、これまでのストーリーとは。全25回連載の第4回は、女子バタフライの牧野紘子(東京ドーム)を紹介する。


■牧野紘子を知る3つのポイント

・現在高校3年。同世代の中で最初に頭角を現した存在。

・同じバタフライ代表に選ばれた長谷川涼香は、同い年で大親友。

・中学からライバルが台頭。リオデジャネイロ五輪を逃して1年、代表入りを果たした。

学童新記録をマークした6年前

目覚ましい活躍が続く池江ら女子高生スイマーだが、もっとも早く注目されたのは牧野だった
目覚ましい活躍が続く池江ら女子高生スイマーだが、もっとも早く注目されたのは牧野だった【写真:築田純/アフロスポーツ】

 牧野紘子を紹介するにあたって、長谷川涼香(東京ドーム)の存在に触れないわけにはいかない。共にバタフライを得意とし、同じ学年で同じ東京ドームに所属する大親友だ。レース後のコメントなどで、両者の口から「スズカ」「ヒロコ」の名前が挙がらないことはない。


 高校3年となった今でこそ、牧野は長谷川の背中を追いかけるスタンスで記録を伸ばしているものの、先に全国区で存在感を示したのは牧野だった。2011年、小学6年の時にジュニア五輪200メートル個人メドレーで学童新記録をマークし、全国にその名を轟かせた。この活躍は、同年代の池江璃花子(高2、ルネサンス亀戸)や持田早智(高3、ルネサンス幕張)、今井月(高2、豊川高)たちをも刺激した。牧野と長谷川を指導する飯塚正雄コーチも「この世代が強くなった理由として、牧野の存在がすごく大きかった」と語るほどだ。


 しかし、中学2年になるとスランプに陥る。泳いでもタイムが付いてこない。ライバルたちが結果を出しつつある中、焦りが募った。

リオ落選からの逆襲

日本選手権の200メートルバタフライで2位に入り、1位の長谷川(右)と笑顔を見せる牧野
日本選手権の200メートルバタフライで2位に入り、1位の長谷川(右)と笑顔を見せる牧野【写真:田村翔/アフロスポーツ】

 国内の同年代に、決定的な差を付けられたのが昨年のリオデジャネイロ五輪の選考会を兼ねた日本選手権だった。得意とする個人メドレーでの五輪行きを目指していた牧野だったが、結果は8位(200メートル)、4位(400メートル)と代表入りを逃す。前述の4人が全員リオ五輪出場権を決める中、一人涙をのんだ。


 悔しさを胸に臨んだ今年の日本選手権。1日目の100メートル平泳ぎで予選落ちをすると、2日目の400メートル個人メドレーでも7位と代表権を逃す。昨年の悪夢が頭をよぎったが「昨日まではなかったことにした」と気持ち新たに臨んだ3日目、200メートルバタフライで長谷川に続く2分7秒15で2位に入る。これが派遣標準記録を満たし、悲願の代表入りを果たした。


「涼香がうっすら見えていたので、ラストの50メートルはがむしゃらに付いていきました」


 ここでも長谷川の存在が目標達成の支えとなった。


「世界水泳では決勝に残りたい。涼香と一緒に泳げるかも分からないですし、自分の力でしっかりと泳ぎたいと思います」


 世界水泳でも自分の泳ぎに徹することができれば自信となり、その後の成長にも大きくつながるはずだ。17歳で臨む大舞台。ブダペストをさらなる飛躍の場とし、再び同年代の“女子高生スイマー”たちをけん引する存在となることができるか。


(文・澤田和輝/スポーツナビ)

スポーツナビ

スポーツナビ編集部による執筆・編集・構成の記事。コラムやインタビューなどの深い読み物や、“今知りたい”スポーツの最新情報をお届けします。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント