sportsnavi

母の事故きっかけに競泳の道へ
“日本一速い男”中村克が見据える世界

 水泳の世界選手権(以下、世界水泳)が7月14日、ハンガリーのブダペストで開幕する。競泳(23日〜30日開催)日本代表に選ばれた25選手の大会への思い、これまでのストーリーとは。全25回連載の第2回は、男子自由形の中村克(イトマン東進)を紹介する。


■中村克を知る3つのポイント

・「イケメンスイマー」とも呼ばれ、会場には女性ファンの姿も。

・2歳歳上の塩浦慎理が良きライバル。日本選手権の50メートルでは同着優勝。

・リオデジャネイロ五輪では日本人初の47秒台(100メートル)をマーク。

「最速」に魅せられて

イケメンスイマーとしても人気の中村。大学時代にスタミナ強化に励みその後の躍進につなげた
イケメンスイマーとしても人気の中村。大学時代にスタミナ強化に励みその後の躍進につなげた【写真:アフロスポーツ】

 美しい凹凸に目を奪われる鍛え抜かれた筋肉。甘いマスクから「イケメンスイマー」と評される中村克(イトマン東進)だが、女性ファンを魅了するのはその外見だけではない。水泳を始めたきっかけは、交通事故に遭ってしまい、ライフセーバーの資格取得を断念した母親を思い「代わりに自分が(水泳を)やる」と言ったことだった。


「自由形で1番になれば競泳界で1番速い人になれる」


 負けず嫌いの中村は、「最速」の泳法に魅力を感じて自由形の道を進み出した。その素質が開花したのは高校時代。2年と3年の夏のインターハイで50メートル自由形を2連覇し全国にその名を知らしめた。大学は競泳界の強豪・早稲田大に進学。過酷な環境に身を置き、課題となっていたスタミナ強化を中心にパワーアップに励んだ。


 大学で着実に実力をつけた中村は、2013年にユニバーシアードの代表入りを果たす。400メートルメドレーリレーでは、アンカーとして粘り強い泳ぎを見せ、米国を逆転。銀メダル獲得に大きく貢献した。この試合で殻を打ち破った中村は、ここから日本を代表するスプリンターへの道を突き進む。ユニバーシアードから帰国直後、国民体育大会に東京都代表として臨んだ中村は、400メートルメドレーリレーで47秒95というタイムをたたき出す。自由形の第一人者・塩浦慎理(イトマン東進)らをアンカーで振り切っての優勝だった。

塩浦とのライバル関係

2017年の日本選手権100メートルで塩浦(左)を破った中村
2017年の日本選手権100メートルで塩浦(左)を破った中村【写真:田村翔/アフロスポーツ】

 15年には、ジャパンオープンの100メートル自由形で48秒41という当時の日本新記録を樹立。初めて“日本一速い男”の称号を手に入れ、喜びを爆発させた。そして、それまで遅れをとることが多かった2歳年上の先輩・塩浦に、日本選手権に続いて連勝したこともまたうれしさを倍増させた。「すごく悔しい。次に記録を破るのは自分だという気持ちです」と塩浦にとってもライバル心をかき立てられる出来事だった。


 このライバル関係は今も好循環を生んでいる。ハンガリーのブダペストで開催される世界水泳の代表選考を兼ねて行われた4月の日本選手権。中村、塩浦共に代表権を獲得した大会だが、両者の間には火花が散っていた。初日の100メートル自由形では、中村が0.54秒差で勝利を収めると、最終日の50メートルでは両者譲らぬデッドヒートを見せ同着優勝。日本記録まであと0.09秒に迫る好タイムだった。


「泳いでいる最中は負けたかなと思っていたので、同着ですが、優勝できてよかったです」とライバルとの戦いを振り返った中村は、すぐさま目線を世界へと向けた。「自由形の勝負を世界で見たい人はたくさんいると思う。それを見せられる人になりたい」。


 現在は東京五輪を見据え、長期的な視点で泳ぎの改善にも取り組んでいる中村。リオデジャネイロ五輪では400メートルリレー予選で日本人初の47秒台(47秒99、日本記録)を記録した。今夏の世界水泳でも日本のトップスプリンターとして、東京五輪へとつながる泳ぎを見せることができるか。


(文:澤田和輝/スポーツナビ)

スポーツナビ

スポナビDo

イベント・大会一覧