sportsnavi

ナダルに敗れた次代の「赤土の王」
23歳ティエム、真のトップへの階段

準々決勝ではジョコビッチに完勝

2年連続で全仏ベスト4に進出したティエム。“期待の若手”がいよいよ、真のトップへステップアップする
2年連続で全仏ベスト4に進出したティエム。“期待の若手”がいよいよ、真のトップへステップアップする【写真:ロイター/アフロ】

 その日のコート、スザンヌ・ランランは、窮地に追い込また選手に向ける、観客からの激励の声援と同情のため息に包まれていた。


 全仏オープン準々決勝の、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)対ドミニク・ティエム(オーストリア)戦――。普段はそれら観客たちのエールは、ジョコビッチの対戦相手に送られるものだ。だがこの日、相手のショットを見送るしかなく、うなだれていたのはジョコビッチである。うなり声を上げて放たれるティエムの強打は、時にジョコビッチのラケットを弾き、時に赤土をえぐり高く跳ねると、そのままフェンスへと到達した。結果は7−6、6−3、そして第3セットは6−0のスコアライン。23歳の新鋭が6度目の対戦で初めてジョコビッチを破り、同時に、2年連続となる全仏オープンベスト4進出を決めた。


 ティエムが“次代のテニス界を担う若手”として注目されるようになったのは、2014年のことだ。この年を139位で迎えた20歳の若者は、3月のインディアンウェルズ・マスターズで23位のジル・シモン(フランス)を破り、5月のマドリード・マスターズでは3位のスタン・ワウリンカ(スイス)をも撃破。1年でランキングを100位も上昇させると、翌年にはツアー3大会で優勝し、高まる注視と期待に応えてみせる。そうして昨年は4大会で優勝し、年間上位8選手のみが参戦できる“ATPツアーファイナルズ”デビューを果たしてみせた。

小柄だった少年時代に身に付けた武器

豪快なバックハンドがティエムの魅力だ
豪快なバックハンドがティエムの魅力だ【写真:アフロ】

 ティエムのプレーを見た多くの人が最初に目を惹かれるのが、腕が引きちぎれんばかりのスイングスピードで振り抜かれる、豪快で雄大な片手打ちのバックハンドだろう。

「片手バックは、スピンとスライスの打ち分けができるし、リーチも長いのが良いところ」と本人も認める武器。以前は、高く弾まされたボールの処理に苦しんだが、最近ではその弱点も克服しつつある。


 そんなティエムのトレードマークにもなっているバックハンドだが、片手で打ち始めたのは12歳のころだったという。

「子供のころの僕は小柄で、両手じゃないとバックハンドを打つのは難しかったんだ」


 その小柄な男の子が成長期を迎え、時機よくコーチのアドバイスを受け片手打ちに変えたことで、キャリアの最初の転換期を迎える。両親ともにテニスコーチで「子供のころからテニスコートで育ったようなもの」という少年は、第三者の声を聞き入れ、躍進の足がかりを築いていった。

内田暁
テニス雑誌「スマッシュ」などのメディアに執筆するフリーライター。現役当時の伊達公子に魅了され、テニスの世界へ。2006年頃からグランドスラム等の主要大会の取材を始め、デルレイビーチ国際選手権での錦織圭の初優勝にも立ち合う。近著に、錦織圭の幼少期からの足跡を綴ったノンフィクション『錦織圭 リターンゲーム』(学研プラス)がある。実は、漫画「テニスの王子様」関連の仕事もやっていた。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント