ファンが選ぶ!プロ野球・球団別歴代ベストナイン

西武編

スポーツナビでファン投票を実施した「プロ野球・球団別歴代ベストナイン」企画。それぞれの球団でベストナインにふさわしいと思う選手を、各ポジションから1人ずつ選んで投票してもらいました。(アプリでは、投手以外の内野手・外野手のランキングも閲覧できます)

今回は西武編。長い歴史の中から1位に輝いた選手は!?

先発

順位 選手名 得票率
1 松坂大輔 37.13%
2 稲尾和久 30.95%
3 西口文也 8.27%
4 工藤公康 6.50%
5 東尾修 5.63%

スポーツナビアプリ 無料ダウンロード

QRコード
対応OS
iOS 11.0以上
Android 5.0以上
  • アプリケーションはiPhoneとiPod touch、またはAndroidでご利用いただけます。
  • Apple、Appleのロゴ、App Store、iPodのロゴ、iTunesは、米国および他国のApple Inc.の登録商標です。
  • iPhone、iPod touchはApple Inc.の商標です。
  • iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Android、Androidロゴ、Google Play、Google Playロゴは、Google Inc.の商標または登録商標です。

中継ぎ

順位 選手名 得票率
1 森慎二 31.43%
2 牧田和久 30.58%
3 永射保 11.11%
4 デニー友利 8.37%
5 杉山賢人 5.99%

抑え

順位 選手名 得票率
1 豊田清 34.93%
2 潮崎哲也 30.12%
3 江夏豊 8.46%
4 鹿取義隆 7.30%
5 森繁和 6.02%

捕手

順位 選手名 得票率
1 伊東勤 63.25%
2 森友哉 23.50%
3 野村克也 9.24%
4 炭谷銀仁朗 1.55%
5 細川亨 0.92%

一塁手

順位 選手名 得票率
1 清原和博 61.90%
2 カブレラ 24.98%
3 山川穂高 9.24%
4 土井正博 1.92%
5 鈴木健 0.49%

二塁手

順位 選手名 得票率
1 辻発彦 59.01%
2 浅村栄斗 23.94%
3 片岡易之 7.74%
4 外崎修汰 1.87%
5 山崎裕之 1.84%

三塁手

順位 選手名 得票率
1 中村剛也 64.06%
2 石毛宏典 18.05%
3 中西太 13.85%
4 鈴木健 2.23%
5 スティーブ 0.92%

遊撃手

順位 選手名 得票率
1 松井稼頭央 70.87%
2 石毛宏典 12.32%
3 源田壮亮 7.18%
4 中島裕之 3.83%
5 豊田泰光 3.69%

外野手

順位 選手名 得票率
1 秋山幸二 92.51%
2 秋山翔吾 85.08%
3 和田一浩 41.91%
4 栗山巧 17.29%
5 平野謙 13.49%

指名打者

順位 選手名 得票率
1 デストラーデ 72.86%
2 田淵幸一 9.24%
3 森友哉 7.03%
4 栗山巧 2.69%
5 大田卓司 2.62%

解説

先発で1位に輝いたのは「平成の怪物」松坂大輔(写真右)。中継ぎ1位の森慎二らとともに、強力な投手陣を誇っていた(写真は共同)

 先発投手は「平成の怪物」こと松坂大輔が得票率37.1%でトップ。高卒ルーキーだった1999年から3年連続最多勝は、衝撃的だった。31.0%と僅差での2位は、西鉄の鉄腕・稲尾和久だ。こちらは1961年、史上タイのシーズン42勝を挙げるなど獅子奮迅の快投で、「神様・仏様・稲尾様」と呼ばれた。

 中継ぎは左足をダイナミックに上げるフォームが懐かしい、森慎二。2002、03年は抑えの豊田清につなぐセットアッパーとして、2年連続最優秀中継ぎ投手に輝いた。引退後はコーチとしてもライオンズを支えたが、17年に急死。42歳の若さでこの世を去った。

 その豊田は抑えの1位。気迫あふれる投球で、02年にはパ・リーグ新記録(当時)の38セーブを記録した。以降、2年連続最優秀救援投手で、西武の「絶対的守護神」となった。2位の潮崎哲也は、サイドスローから一度浮かび上がり、フォークのように落ちるシンカーを“伝家の宝刀”としていた。

 捕手の1位は西武の黄金時代、20年にわたり正捕手を務めた伊東勤。この間ベストナイン10回、ゴールデングラブを11回受賞した。2位の森友哉は昨季、打率.329で捕手としてプロ野球史上4人目の首位打者。インサイドワークもだんだん捕手らしくなってきた。
 
 一塁手は番長・清原和博が61.9%の得票率で、2位カブレラ(25.0%)を大きく引き離した。西武でベストナイン3回、ゴールデングラブ5回。だが歴代5位の通算525本塁打を記録しながら、新人王以外のタイトルには恵まれなかった。

 二塁手は現監督の辻発彦(59.0%)が、こちらも2位・浅村栄斗(23.9%)に差を付けての1位。辻180cm、浅村182cmと、どちらも大型二塁手である。特に辻はその職人級の守備と俊足から「小柄」と思われていることが多く、実際に会った人に「意外と大きいんですね」とよく驚かれるとか。

 三塁手は「おかわり君」こと中村剛也が1位、同じような体形の西鉄・中西太が3位。本塁打王獲得回数は中村6回、中西5回で、ぽっちゃり体形の割に足が速いところまで似ている。遊撃は現二軍監督の松井稼頭央と石毛宏典、新旧背番号7が1、2位を分けた。

 外野手も“新旧秋山”が1、2位に。「元祖・秋山」の秋山幸二は3年連続40本以上、9年連続30本以上で、「メジャーに最も近かった男」と呼ばれた。「稀代のヒットメーカー」秋山翔吾は最多安打4回、首位打者1回の記録を引っ提げ、今季メジャーに挑戦する。

 DH部門トップは独特のガッツポーズでもおなじみ、「カリブの怪人」デストラーデ。3年連続本塁打王、2年連続打点王で、日本シリーズにもめっぽう強かった。

(文:前田恵、企画構成:株式会社スリーライト)

結果一覧

関連リンク