ファンが選ぶ!プロ野球・球団別歴代ベストナイン

中日編

スポーツナビでファン投票を実施した「プロ野球・球団別歴代ベストナイン」企画。それぞれの球団でベストナインにふさわしいと思う選手を、各ポジションから1人ずつ選んで投票してもらいました(アプリでは、投手以外の内野手・外野手のランキングも閲覧できます)。

今回は中日編。長い歴史の中から1位に輝いた選手は!?

先発

順位 選手名 得票率
1 山本昌 19.07%
2 今中慎二 15.94%
3 川上憲伸 14.92%
4 星野仙一 14.13%
5 杉下茂 13.41%

スポーツナビアプリ 無料ダウンロード

QRコード
対応OS
iOS 12.0以上
Android 6.0以上
  • アプリケーションはiPhoneとiPod touch、またはAndroidでご利用いただけます。
  • Apple、Appleのロゴ、App Store、iPodのロゴ、iTunesは、米国および他国のApple Inc.の登録商標です。
  • iPhone、iPod touchはApple Inc.の商標です。
  • iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Android、Androidロゴ、Google Play、Google Playロゴは、Google Inc.の商標または登録商標です。

中継ぎ

順位 選手名 得票率
1 浅尾拓也 75.23%
2 岩瀬仁紀 13.07%
3 落合英二 4.09%
4 板東英二 3.52%
5 鹿島忠 0.85%

抑え

順位 選手名 得票率
1 岩瀬仁紀 78.92%
2 郭源治 6.99%
3 宣銅烈 4.64%
4 与田剛 3.73%
5 牛島和彦 2.44%

捕手

順位 選手名 得票率
1 谷繁元信 62.83%
2 中村武志 12.08%
3 木俣達彦 11.89%
4 中尾孝義 10.96%
5 江藤慎一 1.25%

一塁手

順位 選手名 得票率
1 落合博満 37.66%
2 ウッズ 27.19%
3 谷沢健一 14.88%
4 ブランコ 4.13%
5 ビシエド 3.88%

二塁手

順位 選手名 得票率
1 荒木雅博 43.00%
2 高木守道 33.93%
3 立浪和義 17.00%
4 井端弘和 4.85%
5 仁村徹 0.49%

三塁手

順位 選手名 得票率
1 立浪和義 30.58%
2 落合博満 24.86%
3 森野将彦 11.93%
4 大島康徳 8.03%
5 モッカ 5.89%

遊撃手

順位 選手名 得票率
1 井端弘和 57.30%
2 立浪和義 21.23%
3 宇野勝 15.66%
4 荒木雅博 3.48%
5 京田陽太 1.14%

外野手

順位 選手名 得票率
1 福留孝介 70.74%
2 和田一浩 42.93%
3 大島洋平 24.62%
4 田尾安志 22.36%
5 パウエル 18.86%

解説

二塁手、遊撃手部門で1位に輝いたのは、「アライバコンビ」(井端弘和=写真左、荒木雅博=同右)だった(写真は共同)

 1位だけを見ると1990年代以降の選手が多いが、上位3位までは1974年のV2以降、8度の優勝メンバーがバランスよく入ったのではないか。

 まずは、かなり票がバラけた先発投手。現役32年中日ひと筋、NPB史上最年長50歳1カ月超での登板記録も持つ山本昌が、1位を勝ち取った。2位・今中慎二は90年代、3位・川上憲伸は2000年代のエース。「燃える男」星野仙一は僅差で4位になった。5位の杉下茂はご存じ、「フォークボールの神様」。御年94歳だが、第1回オールスター(1951年)でMVPを受賞したときの写真から、ほとんど姿が変わっていないのがスゴイ。

 中継ぎは10年、11年の連覇に大貢献し、11年にはセットアッパー初のリーグMVPに輝いた浅尾拓也が75.23%の得票率で圧勝。顔よし、腕よし、性格よし、おまけに声までよくて、どなたかの「天は浅尾に何物を与えたもうたのか」との言葉にうなずいた記憶が……。

 抑えの1位は、浅尾同様75%超の得票率で岩瀬仁紀(78.92%)。NPB最多登板、最多セーブ記録を誇る抑えの鉄人とあれば、当然の結果だろう。

 捕手は02年、結果的に交換トレードの形になった谷繁元信、中村武志が1位、2位。谷繁は落合博満監督に信頼されて長らく正捕手を、中村は星野監督の鉄拳指導を受けながら正捕手に成長した。3位・木俣達彦は74年の優勝時、6番バッターとして打率.322を残した。

 一塁は1位・落合、2位・ウッズとも本塁打王、打点王を獲得した4番打者。3位の谷沢健一は同じ4番でも、中距離ヒッタータイプだった。

 二塁、遊撃は落合監督のもと、「アライバコンビ」で二遊間を守り、1、2番を打った荒木雅博、井端弘和がそれぞれ1位。今年の1月に急逝した元監督・高木守道が二塁の2位に入っている。

 平成最後の野球殿堂入り(19年)を果たした立浪和義が、三塁で1位のほか二塁3位、遊撃2位に。遊撃3位の宇野勝は「ヘディング事件」で有名だが、84年に遊撃手としてNPB史上唯一の本塁打王を獲ったことも忘れないでほしい。三塁3位の「ドアラに最も似た男」森野将彦は、13年の巨人戦で一塁後方のフライを追って右翼手・堂上剛裕と交錯したときのひと言、「放し飼いのイノシシがいた」が筆者的にはツボであった。

 外野は現役から1位・福留孝介(現阪神)と3位・大島洋平。08年、「幼いころからあこがれの球団だった」と西武からFA移籍した「ベンちゃん」和田一浩が、堂々の2位に輝いた。4位は94年から96年、外国人初の3年連続首位打者を獲得したパウエル。今季から中日の巡回打撃コーチに就任しており、後進指導に期待したい。

(文:前田恵、企画構成:株式会社スリーライト)

結果一覧

関連リンク