連載:2022年ドラフト先取り展望

2018年に春夏連覇の大阪桐蔭「最強世代」 大学、社会人に進んだメンバーの現在は?

アプリ限定

早大の中川(右)と立大の山田(左)は、根尾や藤原とともに最強世代の代表格と言える存在だ。下級生時から甲子園を沸かせた2人をはじめ、大学や社会人に進んだメンバーの現在は? 【YOJI-GEN】

 根尾昂(中日)、藤原恭大(ロッテ)らを中心とする大阪桐蔭の「最強世代」が、甲子園で同校史上2度目の春夏連覇を成し遂げたのが2018年。大学に進学した者はこの春に最高学年となり、社会人野球に身を投じた者は4年目のシーズンを戦っている。中川卓也(早稲田大)、山田健太、宮崎仁斗(ともに立教大)、青地斗舞(同志社大)、小泉航平(NTT西日本)……。高卒でプロ入りした4人以外のメンバーは、順調に成長しているのか。そして今年、ドラフト指名される選手はいるのか。

※リンク先は外部サイトの場合があります

有言実行の青地は2つの目標をどちらも達成

同大の青地は3年秋のリーグ戦で首位打者を獲得。現在は主将を務め、この春は主に5番・左翼手として好調なチームを引っ張る 【YOJI-GEN】

「最強世代」

 入学直後からそう呼ばれ、常に注目を浴びるなかで2018年に甲子園で春夏連覇を果たした大阪桐蔭の選手たち。高校卒業と同時に、柿木蓮(日本ハム)、根尾昂(中日)、藤原恭大(ロッテ)、横川凱(巨人)の4人がプロ野球の世界に飛び込んだ。

 4人に追いつけ、追い越せと、大学や社会人へ進んだメンバーたちは、どんな選手に成長しているのか。彼らの「今」を紹介する。

 「大学に入るときから、『首位打者』と『キャプテン』は絶対になるって、目標にしていました」

 同志社大で主将を務める青地斗舞は、少し誇らしげに言う。人なつっこい笑顔は、高校時代と変わらない。ただ、4年生になった彼には自信がみなぎっている。

 下級生から試合を経験したが、3年生の春は不振に苦しんだ。スタメンから落ち、さらには「ベンチ外」の悔しさも味わった。

 昨秋は逆襲のシーズンになった。フォームを動作解析するなど、一から打撃を見直した。

「高校の成功体験を再現しようとして、挫折していた。練習方法や考え方をがらりと変えました」

 バットを「とにかく強く振る」から「軽く振る」に意識を変えるなど様々なことを試みた。結果が、リーグ戦の首位打者だった。25打数13安打。.520という超高打率で、まずは一つ目の目標を達成したのだった。

 大阪桐蔭に入学したときは「補欠チームの8番打者」だった青地だが、必死の努力で2年生の秋にレギュラーをつかみ、最後の夏は「2番・右翼手」になった。

 「有言実行」がモットーの左打者。この春、もう一つの目標だった「主将」としてチームを引っ張り、同志社大にとっては2011年秋以来となるリーグ制覇が見えてきている。
  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 次へ

1/2ページ

著者プロフィール

山口史朗(朝日新聞スポーツ部)

朝日新聞東京本社スポーツ部記者。2005年に朝日新聞入社後は2年半の地方勤務を経て、08年からスポーツ部。以来、主にプロ野球、アマチュア野球を中心に取材をしている。現在は体操担当も兼務。1982年生まれ、富山県高岡市出身。自身も大学まで野球経験あり。ポジションは捕手。

新着コラム

コラム一覧を見る

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着公式情報

公式情報一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント