B MY HERO!特派員がいく

アリーナグルメからエンタメまで “夢の国”ビーコルの会場は魅力でいっぱい!

渚紗(B MY HERO!特派員)

ビーコルチア・B-ROSEさんのパフォーマンスも“夢の国”を思わせるクオリティ! 【(C)B.LEAGUE】

 Bリーグ応援番組「B MY HERO!」では、Bリーグをより多くの方に知っていただこうと特派員を派遣することになった。Bリーグの楽しみ方を知るさまざまな分野の人たちが、推しクラブの模様やゲームの演出などをレポート! あなたがまだ知らないかもしれないBリーグの一面をお伝えする。今回はBリーグをこよなく愛する、タレント・女優の渚紗さんに、特に夢の国と同じぐらいに楽しめる横浜ビー・コルセアーズのアリーナグルメやゲームについて紹介してもらった。

Bリーグのアリーナはまるでディズニーリゾート!

 夢の国と聞いたら、多くの方はディズニーランドやシーを想像すると思います。けれど、この記事を読んでくださっている方は、「夢の国はそこだけではないぞ!」っと思っているのではないでしょうか⁉

 そうです! 私にとっての夢の国は、『Bリーグの会場』です! そこには、エナジーあふれる試合はもちろん! オープニングセレモニー、ハーフタイムショー、Bリーグマスコット、アリーナグルメと、アメージングな“アトラクション”がてんこ盛り! 存分に楽しめちゃいますから、まさに夢の国なのです!

 今回は私が育った地である神奈川県横浜市をホームタウンに持つ、横浜ビー・コルセアーズ(今後は愛を込めてビーコルと略させていただきます)をご紹介します!

 横浜国際プールは、横浜市営地下鉄「北山田」駅からすぐ(?)なのですが、Bリーグのファン、ブースターの皆さんにはおなじみ、名物の長ーーい階段が待っています(汗)。

 この階段は、なかなかの試練ですが、B-ROSE(ビーコルのチア)の皆さんもこの階段を、スーツケースを持って登っている姿をYouTubeで見たことがあるので、私も試合前のウオーミングアップと思いがんばって登っていきます。この階段を登りきると、いざ夢の国が見えてきます!

 そう! ウオーミングアップ完了したらご褒美が待っています。腹が減っては戦はできぬ! ということで、試合前にアリーナグルメを満喫!

 ビーコルは、私が訪れた会場の中で一番アリーナグルメが充実していると思います。土日と両日違うキッチンカーが出店されていたり、地元に根付いた初出店のキッチンカーも多いというところが魅力的。いつ行っても新鮮な気持ちでアリーナグルメを選べちゃうのも横浜を推薦する理由。どのアリーナグルメも美味しそうで、できることなら「全部食べたい」と思いながら、いつもキッチンカーをさまよって、さまよって、欲張ってしまうのです。

 そんな私の絶対的な推しは、ビーコルブースターさんもきっと賛同してくれる「信濃さんのもつ煮」と「チマキ」と「横浜ビール」!

 今の寒い時期に、特にもつ煮はピッタリなうえ、横浜ビールとの相性抜群です! チマキは角煮がごろっと入っていてたまらない! まだ食べたことない方は、絶対食べてください。リピーター間違いなしのビーコルグルメです。

 今季はキッチンカー付近にソーシャルディスタンスをしっかり取ったイスを出してくれていたり、会場内は黙食エリアがあったりとコロナ対策もしっかりされています。会場の外になりますが、アルコールが飲めるところは、まさにディズニーシーだなと!

ビーコルはアリーナグルメも充実。信濃屋のもつ煮、チマキ、横浜ビールは絶対にゲットしてください 【写真:本人提供】

 さあアリーナに入っていきましょう。ビーコルの演出は世界観をとても大切にされていて、港がある街、横浜ということで、海賊がモチーフになっているのです。この辺りもまるでディズニーランド!

 試合が始まるまでも気が抜けません。まずはオープニングセレモニーとB-ROSEのパフォーマンス! ここも海賊や海がテイストの演出が見どころ。B-ROSEの華麗なパフォーマンスにはいつも惚れ惚れとしてしまいます。

 そして、私が大好きなのはEyes'さんの選手紹介の曲『WE are B-CORAIRS』。実はお気に入りのフレーズがあって、『今も昔も野山にまじりて よろづのことに竹田謙 #25 タッケダケーン♪』、ここがダンスのフリも含めて中毒だったのですが、残念ながら竹田さんは引退してGMになってしまったので、もう聞けません。

 しかし、今季も中毒フレーズありました!『俺のプレーに波も踊るぜ 今夜お前とモリケンサンバ♪#18 森井健太』。ここのフレーズです! 完全にやられた方多いと思います。森井選手のチームメイトを生かすアシストとターンオーバーが少ない正確なプレーが推しなので、森井選手の生モリケンサンバを目当てに、ビーコルホームに通おうと思っています。

 ビーコルのアンセムは選手一人ひとりの個性があふれてて、耳から離れなくなる中毒性がありなので要注意(笑)。歌詞も最高なんですが、Eyes'さんのパワーあふれる笑顔が無敵なので会場でぜひ感じていただきたいですね!

1/2ページ

著者プロフィール

渚紗(B MY HERO!特派員)

女優、タレント、MCと幅広く活動中。映像の主な作品は、「ナイト・ドクター」「トラップ・ガール」など。バスケットボール歴は12年。今シーズンの「熱血バスケ」にもBリーグ女子として出演。2018年にはウインターカップ「バスケットLIVEアンバサダー」も務めた経験を持つ。

新着コラム

コラム一覧を見る

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着公式情報

公式情報一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント