IDでもっと便利に新規取得

ログイン

世界卓球2021

天才・丹羽孝希が挑む2年前のリベンジ
42年ぶり快挙へスイッチは入るのか

アプリ限定

丹羽孝希は今大会、ベスト8の壁を越えて表彰台を狙う
丹羽孝希は今大会、ベスト8の壁を越えて表彰台を狙う【写真:森田直樹/アフロスポーツ】

 丹羽孝希にとって初めての五輪は17歳の時だった。高校3年生で初出場したロンドン五輪以降、丹羽の携帯電話の待ち受け画面は美しくライトアップされたロンドン五輪の卓球台。口数少ない少年の中に、五輪はそれだけ大きく残った。


 「4年に1回のオリンピックは重みが違う。会場の華やかさ、選手村の雰囲気、大会の規模や緊張感も全然違います。すべてはオリンピックのためですよ。断然、オリンピックが第一です。国際大会に出るのも、オリンピックに出るために世界ランキングを上げる必要があるからです」


 天才と呼ばれるクールな男が、これだけの情熱を注ぎ込む。丹羽にとって五輪こそが最も強いこだわりを持ち、卓球選手として一番のモチベーションを注ぎ込む舞台となっていた。

 

月刊『卓球王国』
月刊『卓球王国』

日本で唯一の書店売り卓球専門誌。迫力のある写真で見る大会報道ページ、初心者から上級者まで役立つ技術特集、卓球用具を詳細に分析したグッズ特集など、卓球界のあらゆる情報が満載。これ1冊で卓球界のニュースはまるわかり!