【WEリーグ開幕】ベレーザvsレッズ 清水梨紗×塩越柚歩「バチバチしようか」

青柳舞子

WEリーグ開幕を控え、東京五輪にも出場した清水梨紗(ベレーザ)と塩越柚歩(レッズ)が初の対談。お互いの印象やチームについて話してくれた 【画像:スポーツナビ】

 国内初のサッカー女子プロリーグ「WEリーグ」が9月12日にいよいよ開幕する。開幕日には日テレ・東京ヴェルディベレーザと三菱重工浦和レッズレディースの屈指の好カードが実現。新たな時代の幕開けを記念し、両チームの主力選手で、東京五輪にも出場した清水梨紗(ベレーザ)と塩越柚歩(レッズ)の特別対談をお届けしよう。

「梨紗さんはオンとオフのギャップがかっこいい」(塩越)

ベレーザ不動の右サイドバックである清水。普段はおっとりしているが、ピッチでは激しく上下動してチャンスを演出する 【Getty Images】

――いよいよ9月12日に2021-22 Yogibo WEリーグが開幕します。

清水 ゆずとの対談は、初めてだよね。

塩越 そうですね。私はオンラインでの対談も初めてです。

清水 ゆずのことは選手としては知っていましたけど、めちゃくちゃ仲が良かったわけではなくて、すれ違うときにあいさつするくらいだったんだよね。でも、この間のなでしこジャパンで一緒になって。もともと足元の技術が高いなと思っていたんですけど、一緒にプレーをするようになってから、本当に頭が良い選手なんだなって。

塩越 ありがとうございます(笑)。梨紗さんは運動量がすごく豊富で、オーバーラップしてくれるし、守備にもすぐに戻ってくれるんです。一緒にプレーするようになって、判断も早いし、本当にミスが少ないなって思っています。

清水 代表にゆずが入ってきてから、右サイドのポジションで一番一緒にプレーをしていたよね?

塩越 そうですね。多かったと思います。

清水 一緒にプレーをするようになってからも、それまでの印象とは大きく変わることはなかったかな。性格面も、ゆずはおとなしいタイプだと思うけど、ひとつ下に見えない。ベレーザのひとつ下の選手たちとはまったく違うし、私的には同じ年のような感覚で接していて。でも、ゆずは気を使ってくれていたのかな(笑)?

塩越 気を使っている感じはないですよ(笑)。

清水 本当?

塩越 はい。でも、自分としては梨紗さんを同じ年だとも思っていなくて、ちゃんとひとつ上の先輩だと思っています(笑)。梨紗さんのことは昔から知っていましたけど、オンもオフも、想像通りの梨紗さんでした。

――その想像通りのところとは?

塩越 優しいし、プレー面もいろいろ教えてくれるんです。ただ、プレー中と普段のギャップがすごくあるなと思います。普段はスローペースでおっとりした感じなんですけど、ピッチに入ると、闘志あふれるプレーもしますし、そういうギャップがカッコいいです。

清水 (照笑)。ゆずのギャップも探すと……いつも冷静だと思っていたんですよね。でも代表招集期間中、リラックスタイムのときにみんなでゲームをする機会があって……。

塩越 オンライン対戦ですよね(笑)。

清水 格闘ゲームがあって、ふたりで同じキャラを使って戦い合ってました。ゆずは、ゲームがめっちゃ強い‼︎ それが意外でした(笑)。

塩越 意外とゲームをやるので、そこそこできるかもしれないです(笑)。でも一番強いとかではなく、ほどよくです!

「レッズレディースは仲良しで、明るいし、楽しそう」(清水)

突破力が持ち味の塩越。右サイドハーフを務めるが、流動的にポジションを変え、相手にとって嫌なスペースに潜り込む 【Getty Images】

――おふたりの仲の良さも感じられますが、それぞれのチームの雰囲気も教えてください。

塩越 レッズレディースは、練習後にはプレーの話もしたりしますけど、それ以外はくだらない話をしていますよ(笑)。ベレーザはどんな雰囲気ですか?

清水 確かにベレーザでもグラウンドを出たらサッカーの話はあまりしないかな。チームの雰囲気で言うと、若い。チーム内の年齢で言うと、私は上から3番目くらいなんだよね。年下のメンバーも多いので、やっぱりチームの印象は若いですね。レッズレディースは?

塩越 レッズレディースも下の世代も増えてきていますけど、どんな雰囲気かな。みんな明るいし、よくしゃべります。何人かがふざけているのを、周りが笑って見ている感じなんですよね。

――では、ピッチ上における印象はいかがですか?

塩越 アカデミー時代から梨紗さんやメニーナ(ベレーザの育成組織)とも対戦してきたのですが、昔から真面目そうで、強そうな雰囲気がある印象でした。

清水 確かに、サッカーは真面目。でも、ゆずも知っていると思うんだけど、真面目な選手ばかりではなくて、ふざけ合うこともあるので、雰囲気はレッズレディースと似ているかも。レッズレディースは仲良しだよね!

塩越 そうですね。仲は良いです。

清水 SNSとかでもみんなが絡んでいたりするし。

塩越 みんながSNSにあげたものを絡みにいく感じなんですよ。

清水 そういう面も含めて仲が良いのが伝わってきますし、実際に仲が良いのも知っているので、明るいし楽しそうだなって思います。

――そんな雰囲気も似ている両チームが開幕戦で対戦します。開幕カードを聞いたときの心境を教えてください。

塩越 正直に言うと「ベレーザか……」と思いました(笑)。でも、WEリーグの中でも注目されるカードだと思いますし、それが開幕戦になったのは、自分も楽しみです。それにシーズンを通して、ベレーザがどんどん調子を上げていくことを思うと、調子が上がる前に戦って自分たちが勢いに乗れたらなという気持ちもあります。

清水 開幕戦という特別な試合で、レッズレディースという素晴らしいチームと対戦できるのはうれしいですし、昨シーズンはなでしこリーグで優勝を逃していて、すごく悔しい思いもしました。その分、開幕戦はすごく楽しみですし、リーグ開幕が迫ってきて、チームの雰囲気も良いですよ。

塩越 レッズレディースも開幕に向けて、みんなが調子を上げてきていますし、雰囲気もすごく良いと思います。

――開幕戦のチケットは完売しました。中継や配信などもあって多くの方が注目する試合になります。どんなプレーをしたいですか?

塩越 昨シーズン、チームはリーグ優勝をしましたが、だから今シーズンも優勝できるとはみんな思っていないです。昨年からさらに積み上げて、よりやりたいサッカーをできるように取り組んでいます。守備の部分や攻撃のコンビネーションをもっと高めていきたいですね。その上で昨シーズンよりも失点を少なくして、得点をもっと増やそうっていう話も出ているので、個人的にはチームが勝つために得点に絡むプレーを増やしていきたいです。

清水 ベレーザも大きな変わりはなく、昨シーズンからの積み上げに加えて、そこからの工夫や新しい戦術に取り組んでいます。個人的には今シーズン、ピッチに立ち続けることを考えていて、キャプテンとしてもそうですが、ずっと試合に出続けてチームを引っ張っていく意識を持って、頑張りたいです。

1/2ページ

著者プロフィール

新着コラム

コラム一覧を見る

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着公式情報

公式情報一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント