IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【WEリーグ開幕】ベレーザvsレッズ
清水梨紗×塩越柚歩「バチバチしようか」

「レッズレディースは流動的に動くサッカーが魅力です」(塩越)

昨シーズンのなでしこリーグ覇者のレッズレディース。「よりやりたいサッカーをできるように」と、塩越は上積みを誓う
昨シーズンのなでしこリーグ覇者のレッズレディース。「よりやりたいサッカーをできるように」と、塩越は上積みを誓う【画像:スポーツナビ】

――おふたりが感じる女子サッカーの魅力やチームの見どころも教えてください。


清水 女子サッカーはファウルが少なくて見やすいと思いますし、楽しいスポーツなのかなと思います。


塩越 そうですよね。女子サッカーならではの柔らかい雰囲気だったり、ラフなプレーが少ない部分は魅力だと思います。


清水 うん、うん。その上でベレーザは、戦況によってフォーメーションがどんどん変わっていくのが魅力だと思うので、ちょっと難しいかもしれないんですけど、何か違うなって見てもらえたらうれしいです!


塩越 レッズレディースは、攻守において自分たちの得意とする距離感があります。その上で足元のうまさだったり、局面、局面のうまさを見てもらいたいです。レッズレディースもポジション関係なく流動的に動くサッカーが魅力なので、ポジションにとらわれすぎない部分も見てもらえたら楽しめるかなと思います。


清水 ベレーザとレッズレディースは似ているようで違う部分もあって、レッズレディースは縦に速い。その分、ベレーザは横幅を使う印象があるんです。


塩越 分かります!


清水 同じように技術がある中でも、縦への推進力が強いか、横幅を使っていくかがお互いの違いや特徴なので、そこは見ていても楽しいポイントかなと思います。


塩越 梨紗さんと同じイメージですし、お互いにポゼッションをしながら崩すスタイルですが、ベレーザは個の打開力があるチーム。1対1が強いのも魅力的だと思います。


――これまでの対戦でも互いの良さが出る好ゲームが続いていますが、ライバル意識のようなものはありますか?


清水 戦う相手なんですけど、みんなのことを、あまりライバルだって強く意識したことはなくて、うーん……表現が難しいですけど、ライバルではないかな。なんと言ったらいいかな、ゆず?


塩越 言いたいことは、分かります。


清水 ライバルではないよね。


塩越 そうですよね。試合をする上で負けたくないという思いはありますけど、みんなフラットなんです。なので、特別にライバルって思うようなことはないですよ。

「開幕戦はバチバチしようか(笑)!?」(清水)

今シーズンも名門ベレーザのキャプテンを務める清水。「ピッチに立ち続け、チームを引っ張っていく」ことを目標に掲げる
今シーズンも名門ベレーザのキャプテンを務める清水。「ピッチに立ち続け、チームを引っ張っていく」ことを目標に掲げる【画像:スポーツナビ】

――あらためて、プロリーグがスタートします。より見られるシーズンを過ごすことになりますね。


清水 当たり前のことを当たり前にやるようにしているんですけど、プロになって周りの目が変わります。今まではアマチュアで仕事や学業をしながらサッカーをするのが当たり前でした。その中で「優勝はすごいよね」って言われていたんですけど、これからは「仕事をしながら……」という部分がなくなります。サッカーだけで評価されるのがプロですし、周りの目がより厳しくなるだろうなって。


塩越 本当に結果がすべての世界になるので、試合でどんなに良いプレーをしても、結果がついてこないと評価されないと思います。その分、1試合1試合に責任を持ってプレーをしないといけないという気持ちが出てきています。


――では、今シーズンの抱負を聞かせてください。


清水 いろいろな人の思いやベレーザを築き上げてくれた人たちへの感謝を忘れずに、優勝という形で恩返しできたらいいなと思います。


塩越 女子初のプロリーグが開幕します。初年度ですし、自分たちは初代女王を狙ってチームみんなで戦い、一つひとつの試合で成長していきたいと思います。いろいろな方への感謝、コロナ禍において試合開催に尽力してくださった方々への感謝の気持を持って、プレーで恩返ししていけたらと思っています。


――開幕戦では、おふたりがマッチアップする場面も多く見られそうですね。


清水 それが……あまりマッチアップしないんですよね。


塩越 確かに、そういう場面は少ないですよね。


清水 昨シーズンに対戦した感じだと、ふたりとも右サイドでプレーするので、対角にいることが多いんです。


塩越 そうですよね。


清水 でも、せっかくだから開幕戦は、バチバチしようか(笑)!?


塩越 はい、しましょう(笑)!


(企画構成/YOJI-GEN)

清水梨紗(しみず・りさ)

1996年6月15日生まれ、兵庫県神戸市出身。12歳だった2009年に日テレ・メニーナに入団。当時はFWだったが、中盤、そしてサイドバックにコンバートされる。12年にはU-17女子W杯に出場。13年に日テレ・ベレーザに昇格した。なでしこジャパンデビューは18年2月のオランダ戦。19年女子W杯、21年東京五輪に出場した。ベレーザでは20年シーズンからキャプテンを務める。

塩越柚歩(しおこし・ゆずほ)

1997年11月1日生まれ、埼玉県川越市出身。2010年に浦和レッズレディースジュニアユースに加入し、12年に浦和レッズレディースユース、16年にトップチームに昇格。同年に行われたU-20女子W杯に出場した。2列目のアタッカーとして20年シーズンのなでしこリーグ優勝に貢献し、なでしこリーグ2020表彰式で初のベストイレブンに選出。21年6月になでしこジャパンデビューを果たし、今夏の東京五輪に出場した。

青柳舞子

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント