IDでもっと便利に新規取得

ログイン

鹿島、川崎Fは的確補強、浦和は過渡期に
J1全20クラブの補強・戦力評価【前編】

アプリ限定

神戸から浦和へと新天地を求めた西大伍。高い戦術眼を備え、リカルド・ロドリゲス監督の好みに合った選手だ
神戸から浦和へと新天地を求めた西大伍。高い戦術眼を備え、リカルド・ロドリゲス監督の好みに合った選手だ【YOJI-GEN】

 2021年シーズンの開幕がいよいよ目前に迫ってきた。新シーズンの陣容が定まり、チーム作りのラストスパートを迎えた今、各チームのストーブリーグを総括する。前編では北海道コンサドーレ札幌から湘南ベルマーレまで、北から10チームの補強を読み解き、戦力を分析していく。後編コラムの最後にはランキングの一覧を掲載しているので、そちらも参考にしてほしい。(情報は2月18日時点)

仙台の最大の補強は指揮官か

<北海道コンサドーレ札幌>

補強診断:C/戦力分析:D

監督:ミハイロ・ペトロヴィッチ(4年目)


 ミハイロ・ペトロヴィッチ監督就任4年目を迎え、チームのスタイルは成熟し、メンバーもある程度固まっている。それゆえ、今オフはピンポイント補強でウイークポイントを改善した。そのひとつが、生え抜きの進藤亮佑が流出した右のセンターバックだ。このポジションでは、大卒2年目の田中駿汰の成長が著しいうえに、仙台から柳貴博、群馬から岡村大八を獲得。穴を的確に塞いだ印象を受ける。


 さらに、戦術の鍵を握るウイングバックの層を厚くする人材として、名古屋や大宮で活躍した青木亮太を迎えた。青木は両ワイドを務められるうえ、シャドーもこなせるドリブラー。指揮官に采配の幅をもたらすに違いない。前線に目を向ければ、元ナイジェリア代表FWのオケチュク・ガブリエルはどの程度フィットするか読めないが、大卒ナンバーワンストライカーとの呼び声高い小柏剛は、スタメン争いに絡んで来そうだ。


 大幅に戦力がアップしたとは言えないが、各ポジションにふたり以上のレギュラークラスがそろい、ポジション争いが熾烈(しれつ)になったのは間違いない。


【IN】

FW オケチュク・ガブリエル ←ウィダード・カサブランカ(モロッコ)

FW 小柏剛 ←明治大(新卒)

FW 中島大嘉 ←国見高(新卒)

MF 小野伸二 ←琉球(J2)

MF 青木亮太 ←大宮(J2)

DF 柳貴博 ←仙台(J1)

DF 岡村大八 ←群馬(J2)

DF 中村桐耶 ←Honda FC(JFL)

GK 大谷幸輝 ←新潟(J2)

GK 中野小次郎 ←法政大(新卒)


【OUT】

FW 藤村怜 →山形(J2)

FW ウーゴ・ヴィエイラ →未定

MF 白井康介 →京都(J2)

MF 早坂良太 →引退

DF 進藤亮佑 →C大阪(J1)

DF 濱大耀 →富山(J3)

DF 石川直樹 →引退

GK カウィン・タンマサッチャーナン →未定

<ベガルタ仙台>

補強診断:D/戦力分析:E

監督:手倉森誠(新任)


 昨季のチーム得点王の長沢駿と2位のアレクサンドレ・ゲデスが移籍した。ただでさえリーグ戦36得点と得点力不足に泣いたのに、9ゴール、5ゴールを記録したふたりの流出はあまりに痛い。代わって獲得したのは、横浜FCで3ゴールだった皆川佑介。1トップを張るにせよ、赤崎秀平と2トップを組むにせよ、戦力ダウンは否めない。

YOJI-GEN

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント