IDでもっと便利に新規取得

ログイン

積極補強の清水と名古屋、神戸は若手が鍵
J1全20クラブの補強・戦力評価【後編】

アプリ限定

アカデミー時代から過ごしたC大阪を離れ、名古屋に加入した柿谷曜一朗。かつての輝きをとり戻せるか
アカデミー時代から過ごしたC大阪を離れ、名古屋に加入した柿谷曜一朗。かつての輝きをとり戻せるか【YOJI-GEN】

 2021年シーズンの開幕がいよいよ目前に迫ってきた。新シーズンの陣容が定まり、チーム作りのラストスパートを迎えた今、各チームのストーブリーグを総括する。鹿島アントラーズや川崎フロンターレなどを紹介した前編に続き、後編では清水エスパルスから大分トリニータまで、南の10チームの補強を読み解き、戦力を分析していく。コラムの最後にはランキング一覧を掲載しているので、そちらも参考にしてほしい。(情報は2月18日時点)

タイトルへの本気度を感じさせる名古屋

<清水エスパルス>

補強診断:A/戦力分析:C

監督:ミゲル・アンヘル・ロティーナ(新任)


 今オフ、最も熱いストーブリーグを過ごしたチームだ。昨季の主力メンバーが軒並み残留したうえに、他クラブのレギュラークラスを多数獲得し、充実のスカッドが完成した。なかでも目立つのが、昨季リーグワーストの70失点を喫した守備陣へのテコ入れだ。GKには現日本代表の権田修一を獲得。さらに、大分の守備の要だった鈴木義宜や、守備のユーティリティーで東京五輪世代の原輝綺、両サイドをこなせる片山瑛一らを迎え入れた。


 FWのチアゴ・サンタナは両足、頭と幅広い得点パターンを持つアタッカー。J2・北九州からやって来たディサロ燦シルヴァーノは昨季、18ゴールをマークして大ブレイク。初のJ1でどれだけやれるか注目が集まる。


 積極補強の背景には、昨季の反省があるはずだ。横浜FMのコーチだったピーター・クラモフスキーを招聘(しょうへい)し、ポジショナルプレーの確立を目指したものの、選手がそのレベルになく下位に低迷。指揮官の解任に至った。東京V、C大阪で実績を残したミゲル・アンヘル・ロティーナを招いた今季、同じ轍(わだち)は踏まないというフロントの覚悟が伝わってくる。


【IN】

FW チアゴ・サンタナ ←サンタ・クララ(ブラジル)

FW 指宿洋史 ←湘南(J1)

FW ディサロ燦シルヴァーノ ←北九州(J2)

FW 栗原イブラヒムジュニア ←沼津(J3)

MF 中山克広 ←横浜FC(J1)

MF 原輝綺 ←鳥栖(J1)

MF 滝裕太 ←富山(J3)

MF 成岡輝瑠 ←清水ユース(昇格)

DF ウィリアム・マテウス ←コリチーバ(ブラジル)

DF 片山瑛一 ←C大阪(J1)

DF 鈴木義宜 ←大分(J1)

DF ノリエガ・エリック ←町田(J2)

GK 権田修一 ←ポルティモネンセ(ポルトガル)

GK 永井堅梧 ←北九州(J2)


【OUT】

FW ティーラシン・デーンダー →パトゥム・ユナイテッド(タイ)

FW 川本梨誉 →岡山(J2)

FW ジュニオール・ドゥトラ →未定

MF 六平光成 →北九州(J2)

MF 西村恭史 →北九州(J2)

DF ファン・ソッコ →鳥栖(J1)

DF 金井貢史 →甲府(J2)

DF 伊藤研太 →沖縄SV(九州)

DF 吉本一謙 →引退

GK 新井栄聡 →秋田(J2)

GK 梅田透吾 →岡山(J2)

GK 西部洋平 →富山(J3)

GK ネト・ヴォルピ →未定

<名古屋グランパス>

補強診断:A/戦力分析:A

監督:マッシモ・フィッカデンティ(3年目)


 マッシモ・フィッカデンティ監督就任3年目の今季、いよいよタイトルを獲得すべく積極補強を行った。昨季の主力はほぼ全員残留したため、今季は2チーム作れるほどに充実した陣容が整った。なかでも豊富なタレントがそろうのが2列目だ。前田直輝、相馬勇紀、ガブリエル・シャビエル、阿部浩之、マテウスといった面々に、川崎Fから齋藤学が加わった。

YOJI-GEN

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント