連載:数々の伝説に彩られたPL学園の「凄み」

PL学園OBの漫画家なきぼくろが『バトルスタディーズ』で伝えたいこと

吉田治良
アプリ限定
 PL学園野球部出身者としては、異色のキャリアだろう。2003年夏の甲子園にレギュラーとして出場しながら、卒業後はきっぱり野球を捨て、大阪の美術系専門学校に進学。バンド活動やイラストレーターを経て、彼、出川亮太は「漫画家・なきぼくろ」となった。現在、PL学園での経験をもとにした高校野球マンガ『バトルスタディーズ』(週刊『モーニング』)の連載が好評を博しているが、そこには休部状態にある母校野球部への深い愛情と、実体験に基づいた若い世代への熱いメッセージが込められていた。

「厳しいから強い」はちょっとちゃうな

週刊『モーニング』で好評連載中の『バトルスタディーズ』。作者なきぼくろ氏は、自身のPL時代の経験をもとにしながら、厳しさだけではない部分も伝えたいという 【©なきぼくろ/講談社】

──『バトルスタディーズ』を読ませていただいていますが、実際、どこまでがフィクションなんですか? ときどき境界線が分からなくなります。

 分からないように描いていますから(笑)。ホンマはもうちょっと行くつもりやったんですけど、ちょうど連載が始まった直後のタイミング(2015年1月から『モーニング』で連載スタート)で、PL学園野球部の休部が決まってしまって。すごくナイーブな時期に重なったので、ストレートな実録マンガになると引いてしまう部分もあるんかなと。まあ、だいぶマイルドにはしています(笑)。

──たとえば、野球部内の上下関係的なところとかですか?

そうですね。先輩方には「おまえ、ちょっと抑えて描きすぎやろ」って言われたりもしますけど(笑)。

──このマンガを描くにあたって、何か大きなテーマはあったんですか?

「PL学園=シバキがすごい」みたいなイメージがあって、「厳しいから強い」という言われ方をしてきましたけど、僕の中ではちょっとちゃうなと。たとえば量より質の練習とか、自主練主体のやり方とか、PLって実は今っぽいんですよね。もちろん厳しい部分、あかん部分もいっぱいあるんですけど、僕がいた頃から時代の先を行ってた感がすごくあった。そういう部分はちゃんと伝えていきたいですね。

──作中では、主人公の狩野笑太郎が2年生でキャプテンになるじゃないですか。ああいうことって、当時あり得たんですか?

 いや、ないですね(笑)。僕がPLの野球部にいたのは、変な風に伝統が出来上がってしまっていた時期で、「これいらんやろ」っていうルールがすごくいっぱいあったんです。それこそ代ごとに新しいルールが加わっていくから、残さなあかん伝統といらん伝統がぐちゃぐちゃだった。2年生がキャプテンになるって、実際はあり得なかったんですけど、今の時代なら全然ありだし、昔のPLの話ばかり描いていても仕方がないので、ああいったストーリーも織り込んでみたんです。

──いらないルールとは?
  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ

1/3ページ

著者プロフィール

吉田治良

1967年、京都府生まれ。法政大学を卒業後、ファッション誌の編集者を経て、『サッカーダイジェスト』編集部へ。その後、94年創刊の『ワールドサッカーダイジェスト』の立ち上げメンバーとなり、2000年から約10年にわたって同誌の編集長を務める。『サッカーダイジェスト』、NBA専門誌『ダンクシュート』の編集長などを歴任し、17年に独立。現在はサッカーを中心にスポーツライター/編集者として活動中だ。

新着コラム

コラム一覧を見る

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着公式情報

公式情報一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント