IDでもっと便利に新規取得

ログイン

村田修一コーチは息子と『パワプロ』対決
「サクセス」で自身を育成した時には…?

アプリ限定

現役時代、幾多の豪快なアーチを描いてきた村田修一。野球ゲームの世界でもパワーにこだわって選手を育成したという
現役時代、幾多の豪快なアーチを描いてきた村田修一。野球ゲームの世界でもパワーにこだわって選手を育成したという【写真は共同】

 今季から巨人の野手総合コーチとして一軍で選手指導に携わる村田修一コーチ。子どもの頃から憧れのプロ野球選手を目指して白球を追いかけてきた村田コーチは、ゲームも「野球一筋」だった。現役時代にプロの厳しさを痛感し、一時期野球ゲームから離れた時期はあったが、今では家に帰ると“良きパパ”として、6歳の息子と『実況パワフルプロ野球(パワプロ)』(コナミ)に興じている。『パワプロ』の育成モードである「サクセス」にハマったという村田コーチに、自分自身を育成したときのエピソードや、現在、コーチとして「リアル」な選手を育てていく意気込みについて話を聞いた。

『パワプロ』でプロの投手の球種をチェック

自分自身をつくったエピソードを聞いた
自分自身をつくったエピソードを聞いた【写真提供:鴫原盛之】

――村田コーチは子どものころ、野球ゲームをよくしていましたか?

 友達が家に遊びにきたとき、『ファミスタ』(バンダイナムコ)はよくやっていましたね。とにかく野球ばかりでした。外で野球をしているか、家で『ファミスタ』をしているか。子どものころは “ゲーム”といえば、野球しかやった記憶がないですね。


――『ファミスタ』の時代は、どこのチームを使っていたのでしょう。

 常に西武でした。ちょうど西武の黄金期だったので、平野(謙)さん、辻(発彦=現監督)さん、秋山(幸二)さん、清原(和博)さん、デストラーデ、というラインアップ。僕の『ファミスタ』では、いつも工藤(公康=現福岡ソフトバンク監督)さんが先発していましたね(笑)。


――その後の野球ゲーム歴は?

 日本大学に入って野球部の寮にいるときは、みんなで『パワプロ』をしていました。プロに入る前、『パワプロ』でいろんな投手の球種を覚えました。『パワプロ』の投手は限りなく現実に近い球種を投げてきますからね。「このピッチャーはスライダーとチェンジアップをよく投げるな」とか、勉強していました。


――『パワプロ』ではどんな選手を使っていました?

 自分が大学生になると、ドラフトも見えてくる。だから、まずは「サクセス」で自分を作って、いい選手に仕上がるまで育成し続けるんです。それで、どこかのチームに入れて「4番・サード」として戦わせていました。


――『パワプロ』上の“村田修一選手”の育成ポイントは?

前田恵

1963年、兵庫県神戸市生まれ。上智大学在学中の85、86年、川崎球場でグラウンドガールを務める。卒業後、ベースボール・マガジン社で野球誌編集記者。91年シーズン限りで退社し、フリーライターに。野球、サッカーなど各種スポーツのほか、旅行、教育、犬関係も執筆。著書に『母たちのプロ野球』(中央公論新社)、『野球酒場』(ベースボール・マガジン社)ほか。編集協力に野村克也著『野村克也からの手紙』(ベースボール・マガジン社)ほか。豪州プロ野球リーグABLの取材歴は20年を超え、昨季よりABL公認でABL Japan公式サイト(http://abl-japan.com)を運営中。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント