ユーザーが選ぶ!子供の頃にハマった野球ゲームランキング

記事

 スポーツナビで読者投票を実施した「ユーザーが選ぶ!子供の頃にハマった野球ゲームランキング」。今回は40歳以上を対象とした「O-40編」のランキングを発表します!

※1人最大3票まで投票可能
※上位はスポーツナビアプリでご覧いただけます

ランキング

順位 作品名 メーカー/発売年 得票率
1 ファミリースタジアム(ファミスタ)シリーズ ナムコ・バンダイナムコ/1986年 76.83%
2 燃えろ!!プロ野球(燃えプロ)シリーズ ジャレコ/1987年~ 30.97%
3 ベースボール 任天堂/1983年 28.79%
4 実況パワフルプロ野球(パワプロ)シリーズ コナミ/1994年~ 26.04%
5 ベストプレープロ野球シリーズ アスキー(現KADOKAWA)/1988年~ 18.82%
6 プロ野球チームをつくろう!(やきゅつく)シリーズ セガ/1998年~ 7.85%
7 究極ハリキリスタジアムシリーズ タイトー/1988年~ 7.34%
8 プロ野球スピリッツ(プロスピ)シリーズ コナミ/2004年~ 7.07%
9 ワールドスタジアムシリーズ ナムコ(現バンダイナムコ)/1988年~ 5.02%
10 パワーリーグシリーズ ハドソン(現コナミ)/1988年~ 3.35%
11 甲子園シリーズ 魔法/1989年~ 2.81%
12 エキサイティングベースボール コナミ/1987年 2.39%
13 栄冠は君にシリーズ アートディンク/1999年~ 1.60%
14 グレイテストナインシリーズ セガ/1995年~ 1.06%
15 熱チュー!プロ野球シリーズ ナムコ・バンダイナムコ/2002年~ 0.73%
15 実況パワフルメジャーリーグシリーズ コナミ/2006年~ 0.73%
17 スーパーリアルベースボール バップ/1988年 0.69%
18 劇空間プロ野球1999 スクウェア(現スクウェア・エニックス)/2000年 0.63%
19 白熱プロ野球ガンバリーグシリーズ エピックソニーレコード(現ソニー・ミュージックレーベルズ)/1991年~ 0.30%
20 激闘スタジアム!! テクモ(現コーエーテクモ)/1989年 0.27%

全ランキングを見るならスポーツナビアプリ(無料)

QRコード
対応OS
iOS 12.0以上
Android 6.0以上
  • アプリケーションはiPhoneとiPod touch、またはAndroidでご利用いただけます。
  • Apple、Appleのロゴ、App Store、iPodのロゴ、iTunesは、米国および他国のApple Inc.の登録商標です。
  • iPhone、iPod touchはApple Inc.の商標です。
  • iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Android、Androidロゴ、Google Play、Google Playロゴは、Google Inc.の商標または登録商標です。

解説

働き盛りの40代以上の世代で圧倒的な支持を得たのが『ファミリースタジアム』シリーズだ。限りなく実名に近い選手名で、その選手の能力を再現した点は画期的だった【写真提供:鴫原盛之】

 第1位に選ばれたのは、約77%の圧倒的な得票率を得た、ナムコ(現:バンダイナムコ)の『ファミスタ』こと『ファミリースタジアム』シリーズだ。

 1986年にファミリーコンピュータ用ソフトとして最初に発売され、各選手に名前が付いただけでなく、「えがわ」はカーブがびっくりするほどよく曲がり、「おちあい」「ばあす」などホームランの本数が多い選手は打球が飛びやすいなど、選手ごとに異なる能力を持っていたのが当時としては画期的。とりわけ当時の「男の子」であれば、ほとんどの方は本シリーズをプレイした経験があるのではないだろうか?

 また、本シリーズでおなじみの超俊足選手「ぴの」は、初代「ファミスタ」のオリジナルチーム、ナムコスターズの代打として登場したのが元祖。投票したみなさんからも、「足の速い『ぴの』が好きだった」という意見がかなり寄せられ、当時から多くのプレーヤーにインパクトを与えていたことがうかがえる。

 2位に入ったのは、同じくファミコン用ソフトとして1987年に第1作が発売された、ジャレコの『燃えろ!!プロ野球』シリーズ。本シリーズは「野球中継のように、バックスクリーンからのアングルで楽しかったから」(40代男性)、すなわち『ファミスタ』シリーズとは真逆のゲーム画面でピッチングおよびバッティングができて、「ストライク」「ボール」「バッターアウト」など審判のボイスが流れるリアルさが人気を集める要因に。とりわけ初代『燃えプロ』は、販売本数が100万本を超える大ヒット作となった。

 3位には、任天堂の古典的作品『ベースボール』がランクイン。こちらもファミコン用ソフトの野球ゲーム第1号として、1983年に発売された作品だ。選手には名前がなく、打率や変化球のキレ、走力などのデータが一切表示されず、選手ごとに能力差が設定されていないなど、今の目で見ると実にシンプルな内容だった。

 だが、「当時は野球ゲームと言えばこれしかなかった」という意見が数多く寄せられたように、ファミコンが発売されたばかりの頃は、自宅で野球ゲームが遊べるだけでも画期的なことだった。そんな当時の子どもたちの夢をかなえた本作も多くの人気を集め、こちらもミリオンセラーとなった。

 子どもの頃にファミコンブームが起こり、これを機にゲームに興味を持った人が多い世代ということもあってか、アスキー(現KADOKAWA)の『ベストプレープロ野球』と、タイトーの『究極ハリキリスタジアム』シリーズもトップ10入り。U-40部門で1位に選ばれた、コナミの『パワプロ』こと『実況パワフルプロ野球』シリーズは、O-40では4位に、同じくU-40では2位の『プロ野球スピリッツ』シリーズは、こちらでは8位という結果に。世代間の違いが垣間見える、とても興味深いランキングとなった。

(文:鴫原盛之 企画構成:株式会社スリーライト)

関連リンク