IDでもっと便利に新規取得

ログイン

錦織圭、13カ月ぶりのグランドスラム
全仏で「新しいケイ」を披露できるか?

アプリ限定

約1年のブランクがある錦織にとって今は我慢の時期。全仏オープンでは結果より内容を重視し、この先に繋げたい
約1年のブランクがある錦織にとって今は我慢の時期。全仏オープンでは結果より内容を重視し、この先に繋げたい【Getty Images】

 負傷のために戦列を離れていた錦織圭がグランドスラムに戻ってくる。9月27日から開幕する全仏オープンに向けて出場した3つの大会では1勝3敗に終わったが、約1年のブランクがあったのだから、それも当然のことだろう。全仏ではミルニー新コーチとのトレーニングの成果を見せることができるだろうか。果たして錦織は、どのような思いでローラン・ギャロスの赤土を踏むのか。これまで何度もケガに泣かされながら、はい上がってきた不屈の男の現在地をレポートする。

3月復帰の予定も、狂ったシナリオ

 長かった。錦織圭が、やっとコートに戻って来た。


 昨夏の全米オープンを最後に右肘のケガでツアーを離れたのだが、手術後のリハビリと復帰準備には思いのほか時間がかかり、最終的に今年3月復帰が目されていたところ、まさにそのタイミングでツアーはコロナによる中断へと突入。そして8月、ニューヨークでのウエスタン・アンド・サザン・オープンでのツアー再開に1年ぶりの復帰を重ねるという新たなシナリオは、自身のコロナ感染によって幻となった。


 8月末開幕の全米オープンには間に合うタイミングで陰性の検査結果が出たものの、「5セットマッチを戦う準備はできていない」と判断。4カ月の延期で9月27日に開幕する全仏オープンに向けたクレーコートで、ようやく復帰を果たしたという経緯だ。


 遅れを取り戻さんとばかりに、全米オープンの2週目にあたる週に開催されたキッツビューエルの『250』から、ローマの『マスターズ1000』、そしてハンブルクの『500』と毎週のようにエントリー。そこにまず決意が込められていた。


「今年は、グランドスラムに照準を合わせるとか言っていられない状況。なるべく試合数をこなすことが第一目標です」


 結果的にクレーでの復帰となったことは、前向きに捉えていた。


「ラリーが続くので、その中でリズムをつかみやすいし、自分のテニスを戻すという意味でクレーはちょっと近道になる」

山口奈緒美

1969年、和歌山県生まれ。ベースボール・マガジン社『テニスマガジン』編集部を経てフリーランスに。1999年より全グランドスラムの取材を敢行し、スポーツ系雑誌やウェブサイトに大会レポートやコラムを執筆。大阪在住。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント