IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ブンデスリーガ特集2020-21
バイエルンを3冠に導いた“奇跡の人”
ハンジ・フリック監督、その栄光の物語

アプリ限定

タイトルを獲得して選手に胴上げされるフリック監督。その信頼は揺るぎない
タイトルを獲得して選手に胴上げされるフリック監督。その信頼は揺るぎない【Getty Images】

 昨季シーズン途中に不振からニコ・コバチ監督が辞任したバイエルン・ミュンヘンの指揮を引き継いだハンス=ディーター・フリック、通称ハンジ・フリック監督。瞬く間に“盟主”を再生させ、クラブ史上7年ぶり2度目の3冠制覇を成し遂げた“奇跡”の指揮官だ。あまりにも早い立身出世に、世間は一様に驚きと感嘆の念に包まれたが、彼の素養と備え持つ知見を知る者からすれば、その偉業も当然のことだったのかもしれない。


 日本国内のみならず、彼の母国ドイツでも知名度の低かったフリック監督とは、どんな指揮官なのか。そこで今回は、最も近くで彼の仕事を見てきたミュンヘンの地元番記者が、3冠を達成した立役者の人物像を綴(つづ)る――。

レジェンドへの仲間入り

 バイエルン・ミュンヘンの指揮官であるハンス=ディーター・フリックは、クラブのミュージアムに並べられたレジェンド像の前に立っていた。そして少し息をつくと、自らの前任者たちをうやうやしく見上げた。


 それは「優勝請負人」の異名を持つウド・ラテック、日本サッカー界初の外国人コーチで「日本サッカーの父」とも称されるデットマール・クラマー、2度にわたってクラブを指揮したオットマール・ヒッツフェルト、そしてクラブが危機に陥る度に救世主となったユップ・ハインケス。彼らはバイエルンをチャンピオンスリーグ(CL/前身のチャンピオンズカップも含む)制覇に導いた4人のレジェンドたちだ。フリックはこのたび、こうした偉大な監督たちの仲間入りを果たした。


 9月初旬、フリックはビッグイヤー(優勝トロフィー)をアリアンツ・アレーナ内のクラブミュージアムに設営されたガラスのショーケースに並べた。その数週間前には、すでにリーグ優勝のマイスターシャーレとDFBポカール(ドイツカップ)の優勝カップをそこに飾っていた。彼が2019-20シーズンのドイツ年間最優秀監督に選ばれたのは本当に興味深い話だ。わずか10カ月の期間にゼロから3冠をもたらし、自身はアシスタントコーチの身から一転して頂上まで上り詰めたのだから。これはまるで「ハンジの幸福」とでも呼べそうなメルヘンではないか。


 8月23日(現地時間)のCL決勝でパリ・サンジェルマンに1-0で勝利した後、真夜中に行われたポルトガル・リスボンでの晩餐会(ばんさんかい)で舞台に立ったバイエルンのカール・ハインツ・ルンメニゲCEOは、「君はいつも本当に謙虚だよね」と言いながらフリックを抱きしめ、「君は驚異的な仕事をした。誇りにしていい。クラブの皆を代表して、私がありがとうと言いたい」と感謝の念を示した。選手たちもそれに続いて称賛の言葉を述べたが、そのときにフリックは言った。

パトリック・シュトラッサー(『アーベント・ツァイトング』紙)

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント