IDでもっと便利に新規取得

ログイン

悔しさを胸に完全移籍を決断した秋野央樹
新キャプテンは長崎で再びJ1昇格に挑む
高精度の左足で巧みに中盤をコントロールする秋野。かつてリオ五輪を目指すU-23代表でも指導を受けた手倉森監督の信頼は厚く、2年目の今季はキャプテンに指名された
高精度の左足で巧みに中盤をコントロールする秋野。かつてリオ五輪を目指すU-23代表でも指導を受けた手倉森監督の信頼は厚く、2年目の今季はキャプテンに指名された【(C)J.LEAGUE】

 保有元である湘南ベルマーレに戻り、J1で戦う選択肢もあっただろう。しかし秋野央樹は、「このチームをJ1に上げたい」と、昨夏からプレーするJ2のV・ファーレン長崎への完全移籍を決断。昇格を逃した昨季の悔しさを胸に、抜群のリーダーシップを誇る新キャプテンが、チームを高みへと導く。

充足感を味わいながらもどかしさも

 2度目の大きな決断だった。


 1度目は2016年のシーズン終了後。9歳から在籍していた柏レイソルでレギュラーに定着しながら、J2に降格した湘南ベルマーレの移籍を決めた時だ。自身の成長やA代表に入って活躍することを考え、プレーの幅を広げたいという思いが、決断の理由だった。


 そして昨年末、秋野央樹はJ2に所属するV・ファーレン長崎への完全移籍を決断した。


 昨シーズン前半戦の湘南での貢献度や、すでに昨夏には長崎に期限付き移籍していたことを考えれば、1度目ほどのインパクトはない。だが、J1でプレーする選択肢もあったなかで、J2で12位に終わったチームへの移籍を早々に決断することは、決して容易ではなかったはずだ。


「このチームをJ1に上げたいというのが大きかった。J1でやりたいというか、そういう話もあったけれど、このクラブでなら何か大きなことができるんじゃないか、そこに自分の力を注いでみたいと思いました」


 長崎へ完全移籍した理由を、秋野はそう語る。


 思えば昨シーズン、長崎加入後の秋野はボランチの定位置を確保し、プレーできる充足感を味わいながらも、常にもどかしさを感じているようだった。


「どんなに良い選手、良い監督がいても、チームが一つにならないと勝てないのがサッカー。もっと自分たちで一つになっていかないと」


 1年でのJ1復帰を目標としながら、ハードスケジュールの中で苦戦し、中位に沈んでいくチームに歯がゆさを覚えていたのだろう。柏から湘南へ移籍した年にJ1昇格を果たし、翌18年シーズンは主力としてJ1残留も経験している秋野だけに、なおさら悔しさがあったに違いない。その悔しさが、「去年はできなかったJ1昇格を、自分がチームを引っ張ることで成し遂げる」という決意につながった。

本人もキャプテン就任を希望していた

 新シーズンの始動にあたって、手倉森誠監督からキャプテンに指名されたが、本人の中では昨シーズン終了後、クラブと契約の話をした時点で、キャプテンをやることを考えていたという。


「自分にできることを100%トレーニングからやる。若い選手もベテランも、それを見て何かを感じ取ってもらいたい」


 柏や湘南、さらにリオデジャネイロ五輪を目指す年代別代表チームでも見せた強いリーダーシップを、長崎で発揮する準備は整った。


 開幕前のキャンプで、チームはJ1勢相手も含む10試合のトレーニングマッチをこなし、9勝1敗と好結果を残した。しかし秋野は、勝敗よりも試合内容やチームの状態を強く意識することを忘れなかった。


「ボールをつなぐ意識は去年より高くなっていると思う。ボールに関わろうという部分は高まっている。取られた時の切り替えの部分は、もう少しやらないと。相手に取られても、すぐにプレスに行って、そこで奪い返せれば楽になる。その成功体験を増やして攻撃的な守備を積み上げたい」


「ボールを取られた後、前線の選手は自分から奪い返しに行かなければいけないし、後ろの選手はもっと『行け』という声を出さなければいけない。自分たちでボールを持ちたいスタイルなので、相手に持たれたらやりにくさがある。そこでいかにボールを奪って、次の攻撃につなげていくかを考えなければいけない」


 一方で、トレーニング内容やチームのムードには満足げだった。


「去年に比べると、トレーニングの強度がかなり高い。チームの雰囲気がすごく良い。一丸となってやれている実感がある。」

どんなにブサイクなゲームであっても

 迎えた今シーズンのJ2開幕戦、長崎は栃木SCのタイトなプレスに苦しめられながらも、22分に秋野のコーナーキックから挙げた1点を守って勝利した。得点シーンは狙い通りの形で、秋野自身も持ち前のパスセンスと展開力を随所で披露したが、内容的には苦戦を強いられた印象だった。


 それでも試合後の秋野は、プレシーズンとは真逆の、内容よりも結果を重視するコメントを口にしている。


「攻める数は少なかったが、リスクマネジメントはできていた。開幕戦で硬くなるのは分かっていたので、そのなかで勝てて良かった」


 内容をおろそかにしているのではない。目先の結果を喜んでいるのでもない。そこにあるのはJ1昇格からの逆算だ。


「去年の天皇杯準決勝のようにみんながまとまれば、相手が鹿島アントラーズでも脅かせる(2-3で惜敗)。それには今の良いムードを最後まで続けていくことが大事。そのためにも勝つ。どんなにブサイクなゲームであっても、相手にボール持たれても、勝たなければならない」


 かつて湘南でJ1昇格とJ1残留を達成したレフティは今、同じ目標に向かって再びチャレンジの中にいる。より高いレベルで、より成長してJ1へ。新型コロナウイルスによる中断期間も、秋野央樹は牙を研ぎ続けている。


(企画構成:YOJI-GEN)

藤原裕久

長崎県生まれ。年代・カテゴリーを問わず、長崎のサッカーを中心に取材する長崎県在住ライター。特にV・ファーレン長崎については、2005年のクラブ創設から現在に至るまで最も近くで取材しており、11年にはJリーグ昇格記念誌を発行、15年にはクラブ設立10周年メモリアルOB戦を企画・運営。現在も各種媒体でリポート・コラムなどを執筆している。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント