IDでもっと便利に新規取得

ログイン

中村憲剛、復活への道
中村憲剛、松葉杖をついてホーム最終戦へ
いつもと違う等々力で感じたこと

アプリ限定

久々の外出にピントが合わない状態

ホーム最終戦に行く許可が下り、中村憲剛は長年プレーするホームスタジアムに足を運んだ
ホーム最終戦に行く許可が下り、中村憲剛は長年プレーするホームスタジアムに足を運んだ【(C)Suguru Ohori】

 病院で午前と午後の2回行っていたリハビリは、日を追うごとにメニューが増えていった。左足に装具をつけてだが、自分の足だけで再び歩けるようになった中村憲剛は喜びを噛みしめていた。


「病院でのリハビリのメニューは、基本的に膝の曲げ伸ばしと、歩くということに変わりはなかったんですけど、膝を曲げ伸ばしする角度がどんどん変わっていくので、それも楽しかったですね。毎日、できることが増え、足の中のいろいろなネットワークがつながっていく感じでした」

 もちろん、一抹の不安がなかったわけではない。


「階段を下りるときには思わず『コワッ』って口に出してしまったこともあります。どこまで膝を曲げていいのか、力を入れていいのかが分からないんです。当初は、自分で可動域を狭めてしまっていたところもあったと思います。自分が思っている以上に膝が曲がるし伸びるので、自分で自分にブレーキをかけてしまったところもある。無理をしすぎたら再損傷してしまう可能性もあったから、それを無意識に意識してしまったんですかね」


 日々できることが増えていく中で、中村が目標としていたのが外の空気を吸うことだった。中村自身は病院での生活を送っていたが、チームはまだシーズン中。11月30日に等々力陸上競技場でホーム最終戦が行われることは入院当初から意識していた。


「外出したいというよりも、試合を見に行きたかったんです。だから、このまま順調にリハビリを進めていけば、ホーム最終戦を見に行く許可が出るかなと思って、リハビリも頑張っていました」


 その希望はかなえられた。


「リハビリも順調だし、いいでしょう」


 担当医から許可をもらった中村は11月30日、約10日ぶりに病院の外に出た。

原田大輔

1977年、東京都生まれ。『ワールドサッカーグラフィック』の編集長を務めた後、2008年に独立。編集プロダクション「SCエディトリアル」を立ち上げ、書籍・雑誌の編集・執筆を行っている。ぴあ刊行の『FOOTBALL PEOPLE』シリーズやTAC出版刊行の『ワールドカップ観戦ガイド完全版』などを監修。Jリーグの取材も精力的に行っており、各クラブのオフィシャルメディアをはじめ、さまざまな媒体に記事を寄稿している。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント