IDでもっと便利に新規取得

ログイン

二冠王・DeNAソトのパワーの源
日本人が知らない「野球を楽しむ」の真意

アプリ限定

「シーズンオフはハードに練習している。野球とワークアウト(体を鍛えること)を毎日だ。そういう時間が楽しいんだよ」


 2019年12月中旬、アメリカ自治領プエルトリコの首都サンフアンで横浜DeNAベイスターズのネフタリ・ソトはそう話した。快活な表情が、故郷で充実した時間をすごしていることを物語る。

オフは毎日300〜500球打っているというソト
オフは毎日300〜500球打っているというソト【撮影:龍フェルケル】

 2007年ドラフト3巡目でシンシナティ・レッズに指名されてから11年後、2018年に来日したソトは鮮烈な印象を残した。1年目は故障で出遅れ、4月終了時点で本塁打ゼロだったものの、5月から爆発して本塁打王を獲得する。2年目の2019年は141試合に出場して43本塁打、108打点で二冠に輝いた。


 レッズ時代に「プロスペクト」(有望株)に挙げられた男はなぜ、日本で飛躍できたのか。その背景には、日本人選手が世界で活躍するためのヒントが隠されている。

中島大輔
中島大輔

1979年埼玉県生まれ。上智大学在学中からスポーツライター、編集者として活動。05年夏、セルティックの中村俊輔を追い掛けてスコットランドに渡り、4年間密着取材。帰国後は主に野球を取材。新著に野球界の根深い構造問題を描いた『野球消滅』(新潮新書)。2013年から中南米野球の取材を行い、2017年に上梓した『中南米野球はなぜ強いのか』がミズノスポーツライター賞の優秀賞。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント