IDでもっと便利に新規取得

ログイン

なぜ日本人打者は“動く球”に苦しむのか
T-岡田、安田尚憲が異国で感じた攻略法

アプリ限定

絶対的にゴロアウトにされる球

ソフトバンクで飛躍を期待される20歳の三森大貴はプエルトリコで課題に直面
ソフトバンクで飛躍を期待される20歳の三森大貴はプエルトリコで課題に直面【撮影:龍フェルケル】

「最初はバットに当たりませんでした。球自体は見えているのに。こっちのピッチャーのボールはすごく難しいなっていうイメージを持っています」


 高卒3年目の2019年に福岡ソフトバンクで1軍デビューを飾り、シーズンオフに派遣されたプエルトリコ・ウインターリーグのヒガンテス・デ・カロリーナで42打数5安打、打率.119に沈んだ三森大貴はそう話した。


 三森だけではない。今季、当地のウインターリーグでプレーした4人の日本人打者はなかなか快音を響かせることができなかった。


 2010年にパ・リーグで本塁打王に輝いたT-岡田(オリックス)は57打数11安打で打率.193。高い身体能力を誇る岡大海(千葉ロッテ)は10打数無安打に終わり、1カ月もたたずにロースター外(登録外)となっている。


 唯一好成績を挙げたのが2020年のブレーク候補と期待される安田尚憲(ロッテ)で、43打数15安打で打率.349。しかし、この高打率には“カラクリ”がある。


「日本人ピッチャーから打っていることが多くて、プエルトリコのピッチャーは打てていないことが多いんです」


 日本人投手には13打数9安打で打率.692だった一方、外国人投手には30打数6安打で打率.200に抑えられた。

日本で過去2年続けて苦しんだT−岡田はプエルトリコで復調のヒントを発見
日本で過去2年続けて苦しんだT−岡田はプエルトリコで復調のヒントを発見【撮影:龍フェルケル】

「こっちはボールが動くじゃないですか。自分が目で見て『ここや』と思って振りにいっても、動くことによって絶対的にゴロアウトになる」


 T-岡田がそう話したように、カリブ海の異国で4人の日本人打者が苦しめられたのはツーシームやカットボール、チェンジアップという“動くボール”だった。


 国際大会のたびに課題に挙がり、日本人打者にとって「天敵」とも言える“動くボール”。毎回指摘される改題にもかかわらず、なぜ、一向に解決できないのだろうか──。

中島大輔
中島大輔

1979年埼玉県生まれ。上智大学在学中からスポーツライター、編集者として活動。05年夏、セルティックの中村俊輔を追い掛けてスコットランドに渡り、4年間密着取材。帰国後は主に野球を取材。新著に野球界の根深い構造問題を描いた『野球消滅』(新潮新書)。2013年から中南米野球の取材を行い、2017年に上梓した『中南米野球はなぜ強いのか』がミズノスポーツライター賞の優秀賞。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント