IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ひと足早く2020年のペナントレースを占う
セ・パ両リーグの本命、対抗、穴は!?

アプリ限定

 まだ早すぎる感もあるが、各球団の陣容がほぼ固まってきた年末に、来るべき2020年のペナントレースの戦いを予想したい。競馬予想にならって優勝の確率がもっとも高いチームが「本命」、それに次ぐ存在を「対抗」、展開や状況次第では優勝もありそうなチームが「単穴」、クライマックスシリーズ圏内が有力なチームを「連下」とする。

新監督を迎えた2チームが「本命」

有望な新人を手にした上で菊池涼介の残留も決まった広島。戦力アップは確実で「本命」と言えるだろう
有望な新人を手にした上で菊池涼介の残留も決まった広島。戦力アップは確実で「本命」と言えるだろう【写真は共同】

 セ・リーグの本命は広島。リーグ3連覇からBクラスの4位に転落し、オフの情勢によっては再び低迷期に入ることも懸念されたが、結果的にセ6球団で最も戦力ダウンの要素が少なく、かつプラスの要素も多いチームになった。


 FA戦線では大量流出の危機もあったが、會澤翼、野村祐輔のバッテリーが残留を表明。年末にはポスティングでのMLB移籍が濃厚と見られていた菊池涼介の残留も決まった。ドラフトでは即戦力ナンバーワン評価の森下暢仁(明治大)の獲得に成功。新外国人もメジャーで実績のある選手をゲットした。佐々岡真司新監督の下、チームの雰囲気も明るくなっていることも好材料だ。


 パ・リーグは思い切って東北楽天を本命に推したい。19年にチームで唯一、規定投球回に達した美馬学がFA移籍で流出し、先発のコマ不足が懸念されたが、金銭トレードで最多勝3度の実績を持つ涌井秀章が加入。さらに米国帰りで先発、リリーフ兼用の牧田和久も獲得し、FA補償選手の酒居知史も含めて投手陣の層はむしろ厚くなった。


 野手もFAで鈴木大地の獲得に成功し、今江年晶の引退で空白となった三塁のポジションが埋まった。主将を務める銀次がFA権を行使せず、残留したのも好材料。19年は埼玉西武、福岡ソフトバンクの2強と互角の戦いをしており、13年以来の頂点も現実的なものになっている。

ベースボール・タイムズ
ベースボール・タイムズ

プロ野球の”いま”を伝える野球専門誌。年4回『季刊ベースボール・タイムズ』を発行し、現在は『vol.41 2019冬号』が絶賛発売中。毎年2月に増刊号として発行される選手名鑑『プロ野球プレイヤーズファイル』も好評。今年もさらにスケールアップした内容で発行を予定している。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント