IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ファジーカスは番狂わせを信じている
「W杯で何か起こるか、見てみよう」

アプリ限定

 FIBAワールドカップ(W杯)、アジア地区予選。4連敗で崖っぷちの日本代表を救ったのは、2018年4月に日本国籍を取得したニック・ファジーカスだった。2018年6月29日のオーストラリア戦で代表デビューすると、早速チーム最多の25点得点を記録。この試合、格上オーストラリア相手に大番狂わせを演じた日本代表は、そこから怒涛の8連勝。実に21年ぶりとなる自力でのW杯出場を果たした。


 スポーツナビは代表合宿の合間を縫って、救世主ニック・ファジーカスとの単独インタビューを実施。後編では日本代表の現状、そしてW杯にかける意気込みについて語ってもらった。

NBAのトレンドと、日本代表の戦い方

ファジーカスはW杯でも日本を救う
ファジーカスはW杯でも日本を救う【赤坂直人/スポーツナビ】

――ウィリアム・ジョーンズカップはご覧になりましたか?


 試合は観られなかったけれど、スタッツはチェックしたよ。テーブス海と(渡辺)飛勇が日本代表としてプレーしていたことにはわくわくした。海はNCAAで活躍しているし、飛勇とも僕はこれまで一緒にプレーするチャンスがなかったからね。


 あとは安藤誓哉かな。彼はウィリアム・ジョーンズカップでもいいプレーをしたし、帰国後の合宿でもすごくいい。いろいろな選手が代表でプレーできる機会があったのはいいことだと思う。これまではBリーグでは活躍しているのに代表には無縁の選手も多かったからね。誓哉はついにこの舞台に立ったし、あの調子なら本番まで残るチャンスは十分にあると思うよ。


――周人の方の安藤選手も良かったですよね。


 その通り。彼とはBリーグで対戦してきたから、何をできるプレーヤーかは知っていたけれど、彼にも次のステップに進む可能性は十分にあると思うし、そうすればまた一皮剝けるだろうね。


――ウィリアム・ジョーンズカップでは日本代表がかなり積極的にスリーポイントを打っていたのが印象的でした。NBAでもスリーポイントがトレンドになっていますが、日本のフル代表でも今後スリーは増えていくと思いますか?

ダブドリ編集長 大柴壮平
ダブドリ編集長 大柴壮平

異例の超ロングインタビューで選手や関係者の本音に迫るバスケ本シリーズ『ダブドリ』。「バスケで『より道』しませんか?」のキャッチコピー通り、プロからストリート、選手からコレクターまでバスケに関わる全ての人がインタビュー対象。TOKYO DIMEオーナーで現役Bリーガーの岡田優介氏による人生相談『ちょっと聞いてよ岡田先生』など、コラムも多数収載。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント