連載:W杯直前!バスケ日本代表座談会

プロローグ

 8月31日の開幕を目前に控えたFIBAワールドカップ(W杯)。日本は自国で開催した06年大会以来、13年ぶりの出場となる。アジア予選では4連敗を喫して崖っぷちからのスタートだったが、そこから最終的に8連勝を遂げた日本は、1年3カ月の予選を通して大きな成長を遂げた。その戦いの中心にいたのが八村塁、渡邊雄太、比江島慎、馬場雄大の4人だ。今夏にはNBAサマーリーグに出場した選手たちでもある。

 日本の顔ともいえる4選手に、お互いの印象や今だから言える予選秘話、そしてアメリカをはじめとする対戦相手や大会の抱負を語ってもらった。

一覧

ファジーカス独占インタビュー

関連リンク