攝津正に聞くソフトバンク・田浦文丸
ダル絶賛の魔球を持つ左腕の今後は?

アプリ限定

 福岡ソフトバンクの田浦文丸が、デビュー登板で19歳の若さに見合わぬ堂々たる投球を見せ、鮮烈な印象を残した。強烈なチェンジアップを武器に将来を嘱望される左腕は、チームの大先輩にあたる沢村賞右腕の目にはどのように映っただろうか。

“魔球”チェンジアップは、攝津氏の現役時代の決め球に近い?

【動画】最後は魔球 「チェンジアップ」 ホークス・田浦 プロ初三振を奪う‼

(映像提供:パーソル パ・リーグTV)

 田浦のチェンジアップは独特の軌道と大きな曲がり幅を備え、若き左腕にとって最大の武器となっている。デビュー戦の投球を見たダルビッシュ有(カブス)がこの球を絶賛したことでも話題となったが、攝津氏は各球種について次のように考察している。


「チェンジアップもそうですし、スライダーもいいですよね。食い込むか逃げるかの駆け引きができる。2球種とも同じような軌道で来るので、打者からすればわかりづらいです。ストレートも良いですし、スライダー、チェンジアップを見せてから、真っすぐで勝負することもできます」


 攝津氏は現役時代、田浦のチェンジアップに近い軌道を描くシンカーを投じていた。自身の決め球について、「ファウルを打たせる時でも勝負球でも、なんにでも使っていました。ファウルを打たせる時は少し抜いたり、三振を取る時は強く曲げにいったりと、投げ分けてもいました。目的によって狙うコースも変えていましたね」と、多くの局面で頼りにしていたことを明かした。


 田浦のチェンジアップについて、攝津氏は「スローの映像を見ると、真っすぐとは反対方向に回転をかけているので、抜けた感覚だけでなく縦に落ちて落差も大きいんですよね」と解説。「イメージとしては杉内さん(元ソフトバンク、現巨人ファーム投手コーチ)の直球と、石川さん(東京ヤクルト)の変化球。この2投手を足して2で割ったような感じですね。おもしろいピッチャーになると思いますよ」と、似た投手として平成を代表する2人の左腕の名を挙げている。

「パ・リーグ インサイト」編集部

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント