大阪桐蔭OB・藤原恭大から後輩へ金言
「やってきたことを信じて…」

アプリ限定

昨夏の甲子園を席巻した大阪桐蔭の中心にいた藤原が、決戦を控える後輩に送った言葉とは?
昨夏の甲子園を席巻した大阪桐蔭の中心にいた藤原が、決戦を控える後輩に送った言葉とは?【写真:山下隼】

 昨夏の第100回大会で春夏連覇という偉業を成し遂げた大阪桐蔭。その中心にいたのが藤原恭大(千葉ロッテ)。中川卓也(早稲田大)、根尾昂(中日)、柿木蓮(北海道日本ハム)、山田健太(立教大)、横川凱(巨人)らとともに、あの夏のヒーローになった選手だ。


 そんな藤原は、大阪桐蔭で何を思い、何を学び、どう変わり、春夏連覇の偉業達成、ドラフト1位でのプロ入りという2つの目標を達成できたのか……。春夏連覇から1年経った今、もがき苦しむ後輩たちへの思いも含めて赤裸々に明かした。

春夏連覇とプロ入り、2つのテーマを胸に入学

根尾、中川(写真左)、藤原(同右)らは入学早々、厳しいチーム内競争に身を投じた
根尾、中川(写真左)、藤原(同右)らは入学早々、厳しいチーム内競争に身を投じた【写真は共同】

――中学時代はオール枚方ボーイズで活躍。多くの高校から誘いもあった中、大阪桐蔭を選んだ理由は?


 甲子園に出て春夏連覇する、プロ野球選手になる、という2つのテーマが自分にはあって、それがかなう高校ということで大阪桐蔭を選びました。誘われたというより、自分で最初から「大阪桐蔭に行って野球をしたい!」と決めていました。


――実際入ってみていかがでしたか?


 まずは生活環境がそれまでとはガラッと変わったので、最初のころはついていくだけで精いっぱいでした。一日中練習をしている感じで、休む暇もなく、息詰まるような毎日で……。いつオフになるのか分からないですし、先が見えなくてすごくしんどかったです。


――野球のレベルも高いし、第100回大会世代に入ってきた同学年のメンバーもすごかったですよね。

瀬川ふみ子

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント