八村塁はどんな時間を過ごしていたか
「衝撃」のNBAドラフト舞台裏

アプリ限定

その瞬間、どよめきが起こった

八村がNBAドラフト1巡9位でウィザーズに指名された瞬間、会場のバークレイズ・センターにどよめき起こった
八村がNBAドラフト1巡9位でウィザーズに指名された瞬間、会場のバークレイズ・センターにどよめき起こった【Getty Images】

 衝撃だった。1巡目9位。八村塁はトップ10で指名された。歴史が動いた。


 指名したのはウィザーズ。どちらかといえば、意外。噂すら、報じられていなかった。会場となったバークレイズ・センターには、どよめきが沸き起こった。


 しかし、八村は平然と言い放った。


「全然、想像内のこと」


 ある程度、聞かされていたようだ――ウィザーズが9位で指名すると。

 アダム・シルバーNBAコミッショナーが、「RUI HACHIMURA」の名前を口にしたのは、午後9時前(米東部時間、日本時間の午前9時30分ごろ)のこと。


 さかのぼることおよそ3時間。スポンサーのイベントを終えた八村は、1時間ほど1巡目指名権が濃厚な選手らが待つグリーンルームで一人きりになった。


 その間、八村を指名するとも噂されたティンバーウルブスが、1巡目11位の指名権をダリオ・シャリッチとセットにして、サンズの1巡目6位指名権と交換したというニュースが流れた。また、ペリカンズが1巡目4位、2巡目57位について、ソロモン・ヒルをホークスにトレードし、1巡目8位、17位、2順目35位の指名権を獲得したとも報じられた。


 いずれも自分の指名に影響しうる動きがある中で、八村はどんな時間を過ごしていたのか。

丹羽政善

1967年、愛知県生まれ。立教大学経済学部卒業。出版社に勤務の後、95年秋に渡米し、インディアナ州立大学スポーツマーケティング学部卒業。シアトルに居を構え、MLB、NBAなど現地のスポーツを精力的に取材し、コラムや記事の配信を行っているほか、NHK BS−1で放送されている「ワールドスポーツMLB」にも出演している。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント