海外ジャーナリストが見た、ホンダの真価
メルセデス、フェラーリと差は縮まったか

アプリ限定

スペインGPで3位表彰台を獲得したレッドブル。開発スピードはフェラーリをも上回り、トップチームのひとつとして十分なものであることをスペインGPで証明した
スペインGPで3位表彰台を獲得したレッドブル。開発スピードはフェラーリをも上回り、トップチームのひとつとして十分なものであることをスペインGPで証明した【写真:ロイター/アフロ】

 モナコGP。ドイツ人F1ジャーナリスト兼フォトグラファーとして活躍する、ゴリス・ルーカス氏によれば「モナコGPは、すべてのドライバーが勝利を夢見て、他のどのレースに勝てなかったとしても、モナコで勝てれば最高の栄誉と受け止める。世界中からセレブリティが、F1ファンが、そしてメディアが集結し、全世界にその映像を発信する。さらに世界中の視聴者の誰もが、一度はその場を訪れたいと願う、F1の象徴と言えるレース」だと言う。そのモナコGPに向けて、レッドブル・ホンダがどのような走りを見せることができるのか、2019年シーズンのこれまでを振り返り、外国人識者たちに今年のホンダについて聞いた。

スペック2PUは予想以上に速かった

 ルーカス氏は、2019年のレッドブル・ホンダの現状をこう説明する。


「シーズン前テスト、レッドブルはマシンに多少開発の遅れが感じられたが、ホンダのパワーユニット(PU)は満足な状態だったと思う。ほぼトラブルフリーでマイレージを稼ぎ、パワーもライバルたちに大きく見劣りする感じはなかった。ただ、開幕戦オーストラリアGPでは、フェラーリ、メルセデスには届かず、第三のチームという感じだった。それでも表彰台を獲得したことで大きくモチベーションが上がったと思う。


 ただ、中国GPでは失望も感じられた。ここでホンダPUはライバルのメルセデス、フェラーリと比較すると、明らかにPUのパワーが劣っていた。次にスペック1からスペック2へアップデートしたアゼルバイジャンGPでは、ホンダPU搭載の4台が見せたトップスピードの速さに注目が集まった。その結果を踏まえて、常設サーキットでパワーアップしたスペック2が実際にどこまで速さを見せるのかが注目されたスペインGPだった。

田口浩次

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント