山崎康晃、DeNAを最後方から見つめ続け チームが苦境の中で自ら課す役割

日比野恭三

ルーキーイヤーからDeNAの抑えを担ってきた山崎康晃。今季で5年目を迎えている 【(C)YDB】

 変わらぬ愛嬌に時の経過をつい忘れかける。山崎康晃が横浜DeNAに入団して、もう5年目になる。

 一口に5年目と言っても、山崎のキャリアは極めて特殊だ。

 ルーキーだった2015年、プロ2試合目の登板(3月31日・広島戦)にして1点リードの9回を任され、初セーブを記録した。以来、クローザーとしてほとんどの期間を過ごし、2軍降格の経験はない。要するに、1軍のチームを言わば最後方から見つめ続けてきた過去4シーズンだったのだ。

 山崎は言う。

「4年間ずっといさせてもらっているので、いろんな部分で感じることが多いんです。調子が悪い時、勝ち続けている時。ケガ人が増えて、仲間がいなくなった時。外国人選手が入ってきて、新しいコミュニケーションが必要な時。全部見てきて、『いまの状況はどうなのかな』とか、考えることが多い。それを今年は素直に伝えるようにしています。年間を通してどう戦っていくかということを考えて、必要なタイミングで声をかける。後輩も増えてきましたからね」

若い投手の心に思いをはせる

チームには山崎より若い投手も増えた。彼らの心の中に思いをはせることもしばしば 【(C)YDB】

 しばしば思いをはせるのは、自分よりも若い投手たちの心の中だ。左ひじ違和感からの調整で出遅れていた2年目の東克樹、即戦力ルーキーとして期待されている上茶谷大河や大貫晋一など。彼らがどんな言葉を残したのかを報道でチェックし、プロ入り間もなかったころの自身の心境を重ねつつ、アクションを起こすべき時を見極めているという。

 1度目の機会は開幕早々に訪れた。

 4月4日、神宮球場での東京ヤクルト戦の試合前。山崎は、ブルペン陣の面々に向かって話す機会を意図的につくった。前々日、前日と2夜連続でセットアッパーのパットンがつかまって手痛い逆転負けを喫し、4日は大貫がプロ初先発のマウンドに立つ。このタイミングで思いを伝えることに意義があると山崎は感じ、実行に移した。

「このチームでいままでみんなが投げきってこれたのは、誰かの調子が悪い時に、誰かがフォローして、それが当たり前のようにできていたから。いま、厳しい状況にいるけれど、みんなの力を一つにして戦っていくことが、ぼくたちのやるべきことだと思う。今日は大貫が投げる。緊張していると思うし、ブルペン陣でしっかりまとまって、バックアップできるようにしよう」

 実際、この日の大貫は3回途中4失点で降板する事態となったが、ブルペン陣が踏ん張った。国吉佑樹、砂田毅樹、三嶋一輝、エスコバーの4人が1失点でバトンをつなぎ、チームを勝利に導いた。

「タイミングは間違っていなかった」と、山崎はうなずく。

 リレーの最終走者をアンカーと呼ぶように、クローザーもまた船の錨(いかり)のような存在だ。上空では嵐が吹き荒れ、大波が船を揺るがそうとも、海底に接し、びくともしない鉄のかたまり。

 それはきっと、山崎にとっての理想でもある。

ブルペンリーダー離脱の影響

自身を取り巻く環境の変化を「動いている」「動きがある」と幾度も口にする。とりわけブルペンリーダー三上の離脱の影響は大きかったようだ 【(C)YDB】

 だが今シーズン、潮の流れはきつい。海中のうねりに耐え切れず、重い錨も底砂の上を滑った。山崎は自身を取り巻く環境の変化を「動いている」「動きがある」と表現し、インタビューの中で幾度も口にした。

 たとえば、三上朋也の戦線離脱がその一つだ。

 ここ数年、ブルペン陣の頼もしきリーダーであり続けてきた三上が出場選手登録を抹消されたのは、4月13日。その影響について、山崎は言う。

「三上さん、『がんばれよ』って一言だけ言い残していきました。それまでは毎日顔を合わせていたし、ロッカーも隣ですから、球場に来ると『そっか、いないんだよな』っていう感じにはなりますね……。いろんな助言をしてくれる存在でもありますし、三上さんが抜けたことは、ぼくにとってはすごく大きかった」

「動き」はなおも重なる。

 同14日の広島戦で山崎は2セーブ目を挙げたが、この勝利を最後にチームは長い連敗に突入。クローザーに登板機会はなかなか巡ってこなくなった。24日には、昨シーズン70試合に登板した砂田が抹消された。

1/2ページ

著者プロフィール

日比野恭三

1981年、宮崎県生まれ。2010年より『Number』編集部の所属となり、同誌の編集および執筆に従事。6年間の在籍を経て2016年、フリーに。野球やボクシングを中心とした各種競技、またスポーツビジネスを中心的なフィールドとして活動中。

新着コラム

コラム一覧を見る

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着公式情報

公式情報一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント