DeNA・大貫を勇気づける“番長”の言葉 「可能性は果てしなく広がっている」

日比野恭三
 細い肢体を大きく使った投球フォームは、しなやかにたわむ弓のようだ。

 横浜DeNAのドラフト3位ルーキー、大貫晋一。4月11日、今シーズン2試合目の先発登板となった阪神戦で5回を1失点に抑え、プロ初勝利を挙げた。

 DeNAから指名を受けたのは、日本体育大を経て社会人の新日鉄住金鹿島に進んで3年目。今年の春季キャンプイン直後に25歳の誕生日を迎えた大貫は、同期入団の中では最年長ながら“いじられ役”に回っているという。

 風貌も、性格も穏やかであるがゆえ、年下の選手たちが気安く接しやすいのだろう。本人は「ぼくが怒ることはありません。そもそも怒り方が分からないんです」と苦笑いを浮かべる。

のちにプロ入りする投手が、“普通の高校”に進んだ理由

11日の阪神戦でプロ初勝利を挙げたドラフト3位ルーキー大貫(16番)。左は三浦コーチ 【(C)YDB】

 怒りの感情に火がつかないのは、謙虚でやさしい人柄のせいと言えばそれまでだが、自信のなさも影響しているのではないかと思える。

 横浜で生まれ育った大貫は中学時代、硬式の横浜青葉シニアに所属したが、全国レベルの強豪チームで試合に出させてもらえるほどの実力はなかった。そして静岡県沼津市にある私立桐陽高校に進む。

 寮生活に憧れがあったからだというが、進路選択の条件はもう一つあった。大貫は言う。

「言い方は良くないかもしれませんが、あまり強くない高校が良かったんです。中学校の時、ぼくは試合に出られなかったので、そんな自分でも試合に出させてもらえそうなところを探して。やっぱり、子どもの頃は特に、試合に出られないと楽しくないですし……」

 桐陽高は、プロ野球選手を輩出したことがなく、大貫はいわば普通の高校でエースとなり、3年夏の最後の大会は県ベスト8で終えた。

大学で頭角を現すも、「もう野球は辞めよう」

 これといって目立ったところのない球歴を歩んできた右腕が頭角を現すのは、大学進学後のことだ。

 2013年の首都大学野球・春季リーグで、日本体育大は4季ぶりの優勝を飾る。当時2年生の大貫は、3勝を挙げ、防御率0.52と活躍。ベストナインにも選出された。この頃から投げ始めたツーシームが大きな武器となった。

 まさにこれからという時期、大貫の右ひじを痛みが襲う。自然治癒を願って半年ほど様子を見たが、状況は変わらなかった。

 大貫がまず考えたのは、「もう野球は辞めよう」ということだった。日体大野球部の古城隆利監督にもそう伝えた。

 幼い頃から続けてきた努力が、いまようやく花開こうとしている。それなのになぜ、野球を辞めることが第一の選択肢となったのか。なんとかして続けられる道を探ろうとは考えなかったのか。

 その疑問に、大貫が答える。

「全然、自信がなかったからです。(リーグ戦で結果が出たのは)たまたまうまくいっただけだと思っていました。初めて出てきたピッチャーで、データも何もない。それがうまくハマってくれただけだろうと」

 古城監督に引き留められ、手術を強く勧められた。大貫の右ひじのじん帯は断裂していた。たくさんの病院で診察を受けたが、やはり結論は「手術をするしかない」。13年11月、トミー・ジョン手術(じん帯再建手術)に踏み切った。

 術後の経過は決して順調ではなかった。通常5カ月ほどでキャッチボールを始められるが、大貫の場合はそこまでに1年かかった。

「ほんとに野球できるのかなって、すごく不安でした。最初は部活にも出ていましたけど、途中からは『もういいや』という気持ちになってきて……。とにかく病院にだけは通ってリハビリを続けていました」

 大学4年の春に、少しずつ試合で投げ始めた。秋にはドラフト会議が控えていたが、故障明けの大貫には無縁の世界だった。

ドラフト3位指名に「え?」

大貫のプロ野球人生は、地元球団でなじみ深いDeNAから始まる 【(C)YDB】

 16年、大貫は新日鉄住金鹿島に進む。

 自身のキャリアを振り返りターニングポイントとして挙げるのは、2年目の都市対抗野球・北関東地区予選での一戦だ。日立製作所を相手に完封勝利。これを機に、周囲から「ドラフトにかかる可能性があるのではないか」と言われるようになり、意識が変わった。

 スプリットを習得し、多彩な変化球を操る右腕への評価は確かに高まった。だが18年、社会人になって3度目のドラフト会議を迎える段になってもなお、確信はなかった。

 ドラフト当日のことを、大貫はこう振り返る。

「どこかに指名してもらえるとはあまり思っていなかったので、(DeNAの)3位で名前が読み上げられた時は『え?』という感じで。もう本当にびっくりして、ちょっとよく分からなかったです……」

 横浜市出身の大貫にとって、DeNAはなじみ深い球団だ。しかも、幼い頃から憧れた三浦大輔が、自分が入団する年に投手コーチに就任するという。

「ずっとテレビやスタジアムで見てきた方。そんな方に直接指導していただけるなんて、すごくラッキーだなって思いました」

 その三浦は、大貫の第一印象をこう語る。

「キャンプで見て、クレバーというのか、クールというか。右バッターの懐を攻めるボールを投げているのが印象的でしたね。面白い投手、楽しみだなと」

 オープン戦で着実に結果を残した大貫は、三浦の期待に応えて開幕ローテーション入りを果たす。

1/2ページ

著者プロフィール

日比野恭三

1981年、宮崎県生まれ。2010年より『Number』編集部の所属となり、同誌の編集および執筆に従事。6年間の在籍を経て2016年、フリーに。野球やボクシングを中心とした各種競技、またスポーツビジネスを中心的なフィールドとして活動中。

新着コラム

コラム一覧を見る

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着公式情報

公式情報一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント