sportsnavi

いろいろな意味が込められる団体ロゴ
東京03豊本のプロレスあれこれ(38)
新日本プロレスのライオンマーク。実は“鬼軍曹”山本小鉄さんがアイデアを出したんです
新日本プロレスのライオンマーク。実は“鬼軍曹”山本小鉄さんがアイデアを出したんです【スポーツナビ】

 プロレスファンでなくとも、もしかしたら一度は目にした事があるかもしれない新日本プロレスの団体のロゴマーク。通称“ライオンマーク”なんて言われています。


 このマークは新日本プロレス立ち上げの際、かつて“鬼軍曹”と言われた山本小鉄さんがアイデアを出し、それをデザイン化したもの。


 ご本人がこんな感じにと、デッサンまでしたと言われています。


 という事で今回のコラムはプロレス団体のロゴマークについてです。

それぞれの団体によって味がある

 ロゴマークは新日本プロレスだけではなく、どのプロレス団体にもあります。


 例えば、全日本プロレスは日本の国旗をあしらった風格のあるデザイン。

 プロレスリングNOAHはデザイン性のある文字で分かりやすい。

 といった具合です。


 そして団体によって味があったり、新日本プロレスの様に選手のデザインだったりする事もあります。


 大仁田厚さんが立ち上げたFMWの最初のロゴマークはシャーク土屋選手がデザインしたものです。シンプルでカッコいいんです。

 橋本真也さんが立ち上げたZERO-ONEの最初のロゴマークは富豪富豪夢路選手がデザインしています。戦いのうねりを感じさせます。

石坂浩二さんデザインのロゴもあるんです!

 最初の大阪プロレスのロゴマークは石坂浩二さんのデザインです。あ、そういう名前の選手ではなく、あの石坂浩二さんです。そうやって見るとすごくポップなアート感!

 本当に団体によってさまざまです。


 中でもインパクトがあったのはパンクラス。

 今でこそすっかり馴染んでいますけど、その頃はほとんどの団体が大まかに四角か丸の枠に収まるようなデザインだったのが、大胆にも大きなバツの形という。


 このバツの形は、あらゆる格闘技がクロスオーバーするハイブリッドなプロレスという意味です。まぁ、理由を聞いたらこの形も納得なんですけど、そんな事を知らずに最初に見た時は、子供の頃、世界の国旗を見て、ネパールの国旗を見た時の感覚に近いものがありました。「え? なにこの形!? 四角じゃないの!?」っていうね。


 ちゃんと意味があるんですね。

意味が深すぎる全日本女子のロゴ

 最後に1番意味がありすぎるぐらいある団体のロゴマークのご紹介。


 それは全日本女子プロレスです。

 よくご覧ください。


 まず上の星マークは宇宙、旅人の道標、スター、光栄を表しています。


 その下の王冠は涙と汗の王冠という意味です。


 月桂樹は勝者を讃える月桂樹。


 そして真ん中の赤いマークはダブルVサインで

Vは「Victory(勝利)」

「Venus(女神)」

「Very(まことの)」

「Vehement(熱狂的な)」

「Venerable(尊敬すべき)」

「Viva(万歳)

という意味を含んでいます。


 そしてそのダブルVサインはハートの形が交わっている様に見え、『クロスハート』とも呼ばれます。これは、共感、共鳴を表しています。


 そのクロスハートは英語のWという文字にも見えます。

その Wは「World(世界)」

「Woman(女性)」

「Wrestling(レスリング)」

「Work(仕事)」

「Wave(波)」

「Winning(勝利の)」

という意味があります。


 マーク1つにこんな意味が込められています。いやはや、全日本女子プロレスすごいっす!

東京03 豊本明長
東京03 豊本明長
プロダクション人力舎所属のお笑いトリオ「東京03」のメンバー。「特技:プロレス観戦」というほどのプロレス通。FIGHTING TV サムライでは「速報!バトル☆メン」の水曜司会も担当している

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント