低迷から一転、何が鳥取を変えたのか?
J2・J3漫遊記 ガイナーレ鳥取<前編>

ブラジル人トリオの活躍で首位に躍り出た鳥取

鳥取のブラジルトリオのひとりであるレオナルド。この日は敗れたが、今季6ゴール目をゲット
鳥取のブラジルトリオのひとりであるレオナルド。この日は敗れたが、今季6ゴール目をゲット【宇都宮徹壱】

「今季の好調の要因ですか? まだ6試合ですし、1年かけての結果がすべてですから、今は何とも言えないですけどね(苦笑)」


 ガイナーレ鳥取のGM、岡野雅行は慎重に言葉を選びながらも、こみ上げてくるうれしさを隠そうとはしない。第6節を終えた今季のJ3リーグ。ここまで4勝2分けの無敗で、鳥取は首位をひた走っている。昨シーズンはJ3最下位に終わり、ホームではわずか1勝しかできなかったのに、今季はすでにホームで2勝。好調の要因に挙げられるのは、1年ぶりに復帰したフェルナンジーニョ、そして新加入のレオナルドとヴィートル・ガブリエルのブラジル人トリオであることは間違いない。このうち、若いレオナルドとヴィートル・ガブリエルをサントスから獲得したのが、岡野GM自身であった。


「去年の秋に2泊4日の強行日程でブラジルに飛んで、4人の候補者の中から選んできたのがレオナルドとヴィートル・ガブリエルです。ウチが日本の3部でお金もあまりないことは、もちろん伝えました。それでも彼らは『ボールさえあれば、平和な日本でサッカーがやりたい』と言うんですね。彼らが暮らしていたのは、人身売買や殺人が日常化している治安の悪い地域でした。そこから何とか抜け出して、サッカーできちんと生計を立てて、いずれは親族を日本に呼びたい。そんな彼らの心意気に胸を打たれましたね」


 それでもシーズンが開幕するまでは、「この獲得がコケたらどうしよう」と不安で仕方がなかったそうだ。しかしフタを開けてみると、2人ともここまで全試合に出場。レオナルドは開幕から5試合連続ゴールを挙げて得点ランキングのトップに立った。日本をよく知るベテランのフェルナンジーニョが、心理的なサポートをしていることも大きい。去年までなら考えられない、ブラジル人トリオが躍動する鳥取。4月15日の第7節は、ホームのとりぎんバードスタジアムにY.S.C.C.横浜を迎えた。


 13時3分キックオフの試合は、YS横浜がゲームの主導権を握り、鳥取は守勢に回る時間帯が続く。そして前半38分、三沢直人のゴールで先制を許すと、後半7分(三沢)と19分(大泉和也)の連続ゴールでいきなり3失点。対する鳥取も後半26分、加藤潤也の右サイドからのクロスに、レオナルドが右足ワンタッチでネットを揺らす。しかし終了間際の後半41分、左サイドを崩されて最後は吉田明生にダメ押しの4点目。首位はキープしたものの、昨シーズンの絶不調を思い出させる、何とも苦い敗戦となった(その後3連敗を喫して、第10節現在7位に後退)。

「どんよりした雰囲気」のままで終わった昨シーズン

就任2年目の森岡隆三監督。昨シーズンはハードな移動に苦しみ最下位に甘んじた
就任2年目の森岡隆三監督。昨シーズンはハードな移動に苦しみ最下位に甘んじた【宇都宮徹壱】

「強小十年 10SPIRITS」──これが、2018年シーズンの鳥取のスローガンだ。「10SPIRITS」とは、自信、オープンマインド、全力、フェア、敬意、感謝、向上心、切磋琢磨(せっさたくま)、創意工夫、挑戦を意味する。そして「強小」とは、文字通り「小さいけれども強い」という造語。いずれもクラブの創設者にして現社長である塚野真樹が提唱したものだ。このうち「強小」については、クラブがまだJFLでもがいていた、09年の「強小元年」を起点としている。そして「強小参年」の11年から「強小五年」の13年までがJ2時代。私が鳥取をキャッチアップできていたのは、そこまでである。


 最後にバードスタジアムを訪れたのが、J2最後のシーズンとなった13年。あれから早5年となった。翌14年、鳥取は創設されたばかりのJ3リーグでの「オリジナル11(Jリーグ・アンダー22選抜を除く)」に名を連ねることとなる。おそらくクラブ関係者もサポーターも、1シーズンでのJ2復帰を期待しながらJのボトムリーグでの戦いに臨んだことだろう。しかし14年は12チーム中4位、15年は13チーム中6位、16年は16チーム中15位、そして17年は17チーム中17位、つまり最下位であった。5年ぶりに再会した鳥取の古株サポーターは、当時をこう振り返る。


「去年のチームは、何だかどんよりした雰囲気でしたね。(原因は)ほとんどの移動をバスにしたのが大きかったと思う。12時間かけて栃木まで行ったこともありましたからね。たとえばアウェーに行って、選手バスが来るのを待っているじゃないですか。選手たちはふてくされた顔で出てくるんですよ(苦笑)。試合にしても、2点リードしていても信用できない。1点でも返されたら、またどんよりしてしまう。去年はそんな感じで終わりましたね」


 そんなチームを率いていたのが、昨シーズンが監督1年目の森岡隆三。現役時代は鹿島アントラーズ、清水エスパルス、そして京都サンガF.C.でプレー。元日本代表として、02年のワールドカップ日韓大会にも出場している。現役引退後は、京都のコーチとU−18監督、09年には佐川印刷京都のヘッドコーチを務めたが、トップチームの監督は今回が初めて。その1年目は屈辱的な結果に終わったものの、森岡の責任を問う声はそれほど大きくならなかった。そして迎えた2年目のシーズン、最下位からいきなり首位に立つとは、誰も想像できなかったはずだ。果たして、鳥取に何が起こったのだろうか。

宇都宮徹壱
宇都宮徹壱

1966年生まれ。東京出身。東京藝術大学大学院美術研究科修了後、TV制作会社勤務を経て、97年にベオグラードで「写真家宣言」。以後、国内外で「文化としてのフットボール」をカメラで切り取る活動を展開中。旅先でのフットボールと酒をこよなく愛する。著書に『ディナモ・フットボール』(みすず書房)、『股旅フットボール』(東邦出版)など。『フットボールの犬 欧羅巴1999−2009』(同)は第20回ミズノスポーツライター賞最優秀賞を受賞。近著はスポーツナビでの連載をまとめた『J2&J3 フットボール漫遊記』(東邦出版)

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント