IDでもっと便利に新規取得

ログイン

選手権の主役候補だった市立長野・新井光
予選敗退の悔しさを胸に湘南で飛躍へ

アプリ限定

曹監督から期待を寄せられる新井

湘南入りが内定している新井光。選手権に出場していれば主役候補の1人だったが……
湘南入りが内定している新井光。選手権に出場していれば主役候補の1人だったが……【安藤隆人】

 来季の湘南ベルマーレ加入が内定している市立長野(長野)のFW新井光。選手権に出場していれば、間違いなく今大会の主役候補の1人だったが、市立長野は長野県予選決勝で上田西に2点を先行される苦しい展開に陥った。後半25分に新井がPKから1点を返すが、届かず。1−2で敗れ、新井の高校サッカーは幕を閉じた。


 新井は全国的には無名かもしれないが、湘南・曹貴裁(チョウ・キジェ)監督のちょう愛を早くも受け、着々と成長を遂げている。


 もともと彼の所属する市立長野は昨年のインターハイ(高校総体)に初出場するまで、無名の存在だった。だが、地元のJクラブであるAC長野パルセイロと密接な関係にあり、サッカー部の強化が図られていた。


 その密接な関係とは、市立長野サッカー部の新入生の中から希望者を長野のU−18チームに登録し、1年間ユースメンバーとしてプレーさせ、高2に進級するときに再びサッカー部に登録させるというシステムだった。新井はその中の1人で、もともと今年のチームは実力的にも非常に高いチームだったのだ(※2013年10月からスタートしたこのシステムは、昨年の9月に終了した)。

安藤隆人

大学卒業後、5年半勤めた銀行を退職して単身上京し、フリーサッカージャーナリストに転身した異色の経歴を持つ。ユース年代に情熱を注ぎ、日本全国、世界各国を旅し、ユース年代の発展に注力する。2012年1月にこれまでのサッカージャーナリスト人生の一つの集大成と言える、『走り続ける才能たち 彼らと僕のサッカー人生』(実業之日本社)を出版。筆者自身のサッカー人生からスタートし、銀行員時代に夢と現実のはざまに苦しみながらも、そこで出会った高校1年生の本田圭佑、岡崎慎司、香川真司ら才能たちの取材、会話を通じて夢を現実に変えていく過程を書き上げた。13年12月には実話を集めた『高校サッカー 心揺さぶる11の物語』(カンゼン)を発刊。ほかにも『高校サッカー聖地物語 僕らが熱くなれる場所』(講談社)、があり、雑誌では『Number』、サッカー専門誌などに寄稿。2013年5月〜14年5月、週刊少年ジャンプで『蹴ジャン!SHOOT JUMP!』を連載した。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント